久佳乃Blog

声について想う

シンプルに、声を出す喜びを。

また今年も、たのしい音楽教室では、春の音心地(ねごこち)キャンペーンを実施中です。
春はさまざまな植物が息を吹き返す季節、盛んに根や枝葉を伸ばすシーズン、ということで、
私たちも伸び伸びと手足を動かし、風通しの良い、体と心になるのにとても良い季節です。

レッスンにお見えになった皆さんが、声を出すって、こんなに気持ちの良いものなのですね、
と陽気に仰ると、私は本当に嬉しい気持ちになります。
はい、こんなに気持ちのいいことなんですよ、て(笑)

体がとても軽くなる、声を出すのが楽しくなる、というご感想、
歌をうたうことがこんなに楽にできるとは思わなかった、というお声も上がります。

人は歌うことができる生物ですから、声を出して気持ちがいいのは、ごくごく自然なこと。
人間は直立するようになったことで、呼吸の仕方、喉の空間など、他の動物とは違う
発話能力を得てきました。
この人間らしい能力を思う存分、素直につかい、伸ばすことは、とても楽しい運動です。

自分の声が嫌いだとか、高い声が出ないから歌いたくないだとか、また、私は音痴だから、
などといった悩みを抱えていらっしゃる方もおられます。
ですがそれは、ほんのした思い違いから生まれてくる、ケアレスミスです。
脳が勝手に判断をしたり、分析してしまったりすることに、素直な運動を縛られてしまうからです。

特に、歌うときや、人前で話をするときなどは、多くの方が緊張し、声を発することに対しての
不安、恐れといったら、尋常ではありません。
ただでさえ、普通ではない場面なのですから、当たり前のことです。
でも、クールに考えてみれば、命をとられるわけでもなく、異常に構えたからといって
なにかプロセスや結果が変わるわけではありません。
むしろ、その異常な構えが、私たちのパフォーマンスを格段に下げてしまうのです。

だからこそ、そうしたときほど、私たちの自然な運動にフォーカスしましょう。
シンプルに、声を出す喜びを、その空間に自分の声が響き、そこにいる人たちと共感できる
幸せを遊ぶのです。
シンプルで自然な発声運動を、身体的に、精神的に学んでゆくのがボイストレーニングです。

なんといっても気持ちがいい、そんな、なにごとにも囚われず、自由に自分の声を発する喜びを
皆さんに感じていただきたいです。

今日はおひな祭りでしたね、いよいよ本格的に、春到来です!

2015.03.03 | 声について想う


はじめまして。ヴォイストレーナーの亘理久佳乃(わたりひかり)です。
しっかり、楽しく、体で伝わるヴォイストレーニングを心がけています。
どうぞ、よろしくお願いいたします♪

Calender

2015年4月
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

トップへ戻る



〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋2-4-17アストンヴィラ1F [地図]

©2008 たのしい音楽教室. All Rights Reserved. ホームページ制作 bit, SEO.