久佳乃Blog

音楽のある生活

発表会ライブ『たのしいLOOP! LOOP! LOOP!」のお知らせ

こんにちは! 亘理久佳乃です。(^_^)

今年も恒例の発表会ライブを開催いたします。
今回は「つながって、生きる。」というテーマで、
今週末の日曜日(11月27日)、11時〜16時まで、
みんなのパフォーマンスで繋ぐ音楽の時間を楽しんでまいります。

14時半頃〜は、1st アルバムから10年目を迎える Song Of Colors のライブもあります。
間所義和のクラシックギターと亘理敬晃のピアノ、亘理久佳乃の歌で綴ります。

どなたでもご自由にご観覧いただけますので、どうぞお気軽にお越しくださいませ。

◎11月27日(日)11時〜16時

◎会場 雲州堂
 http://www.iori-unshudo.com

◎入場無料(軽飲食可)

2016.11.21 | 音楽のある生活

今年は新曲をいっぱいリリースしまっす。

今朝もレッスンのために自宅のある三田から尼崎の教室まで、
車窓から満開の桜を見ながら出勤しました。
桜の花って、妙に懐かしく感じるときもあれば、
そっけない感じがするときもあるから、不思議ですね。

そういえば、私はまだ桜をテーマに曲を作ったことがありません。
クリスマスソングのように、この時期になれば、必ずどこかで桜の歌が聴こえてきますから、
宣伝用にはきっといいのだろうな、とは思いますが、いざ自分が桜の歌を作ってうたおうとすると、
少なくとも、今は、なんとなく嘘をついてしまいそうです(笑)

そうですねえ、いつか桜の歌をうたうようなことがあれば、大人の歌にしたいですね。
卒業とか、出会いとか、別れとか、新しいスタートとか、そんなニュアンスを含む学校からは
少し離れたとこにあるセンチメンタルが、きっと大人の時間にもあるはずです。

人々が桜を見て、さまざまな思い出に浸るように、今日の車内では珍しく
自分たちの音楽を聴いていました。
2012年4月にリリースした『No Where』というアルバムです。
最後のアルバムをリリースしてから、もう3年が経ってしまったんだなあと反省しつつも
素直に、いい曲がいっぱい入っているなあ、としみじみ、自画自賛していました(笑)

私はこれまでに、一度として、すっごいいいアルバムができた!だからみんな聴いて!!
と思ったことがありません。
広報的には、そういった態度をしたほうがいいのでしょうけれども。
いつもそれが空虚に思えて、たくさんの、きれいで、真っ直ぐで、
嘘偽りのない潤沢なエネルギーをすべて注入してきたのに、
出来上がった自分の作品に対して、どーんっと胸を張れない。
作っているときのほうが楽しくて、自分が楽しかった時間を一括りにして盤に焼くことに
どういった意味があるだろうかと。

でも、今日は『No Where』を聴いて、やっていること、やればいいことが
わかったような気がしました。
『表現は時間を超える時限装置』
後藤正文さん(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の言葉を思い出します。
今になって、すごおく愛おしいものがそこにあることがわかって、
なんでこんなに時間が経ってから、このアルバムの良さがわかるようになるんだろう?
つい、そんな言葉が口をついて出ると、ワタリさんが
音楽が先に進んじゃってるからだよ、と言いました。
そういうことなんだろうと思います。

だから、歌っているのが自分だとしても、どこまでも歌は、
私のものではないのだなあと思います。
出来上がって3年が経った歌からでも、自分が歌った私のものではない音楽から、
私は色々なことに気づかされる。
写真アルバムのページをめくりながら、過去に思いを巡らせるようなこととは、
本質的に触れ方が違うのです。

音楽は常に先行している。
面白いなあと思います。

それで、どうして今日はこんなことを書いたのかといえば、
2015年は、たくさんの新曲をリリースしまっす。

予定ですが、そのつもりもつもりで進めています。
今日もレッスンが終わり、帰りの道では、その新しいアルバムに入る新曲を
チェックも含めて聴いてきました。
いつも、こんなんできましたけどー、特に操作もしていません、でも、生まれてきたんですから、
どうか触れてやってください、そんなスタンスでリリースしていますが、
最近ではそれも、幸せなことだなあと感じています。

3年越しの新曲たちですから、変わったものは変わったし、変わらないものは変わらずです。
今はまず、iTunesへのリリースを主体に進めていますが、意味のあることがわかれば、
これまでのアルバムも含めて、CDにすることも考えています。
ものはなるように育つ。
なるように育ててあげられるよう、日々、がんばります。♩♩♩


さて、今日の最後はお知らせです。
まず、今回の話題にのぼった『No Where』は(その他、過去のリリース作品も含めて)
全曲 iTunes Storeで試聴いただけます。Hikari Watari と検索していただくと見つかります。
それから、たのしい音楽教室の日々のレッスンについては、只今、毎春恒例の
「春の音心地キャンペーン」が実施されております。(〜5月末日まで)
たのしい音楽教室のレッスンにご興味、ご関心のある方は、ぜひこの機会に
体験レッスンにお見えください。定員まであと若干名の席がございます。

2015.04.04 | 音楽のある生活

歌で自信はついてくる!

根拠のない自信って、ありませんか?
なんとなくいける気がする、うまくいく気がする、そんな、なんとなくの自信です。
たしか、スガシカオさんもデビューされる前のエピソードで、
「根拠のない自信があった」と言っていたのを聞いたことがあります。

こうした根拠のない自信は、はたして私たちに
どういった影響をもたらしているでしょうか?

きっと、だれでも一度は、根拠のない自信を
感じたことがあるのかなあと思うのですが、どうでしょうか?

正直なところ、私はけっこう頻繁にあって、
自分でもちょっと自信過剰かなと自覚しています(苦笑)
以前は(若き時代は)、自信満々な自分というのを隠すということは
していなかったように思うのですが、いつの間にか(社会に出てみたら)、
なんとなくそういった自分は隠したほうがいいのかな...
といった気になることがだんだん増えきて、
いつの間にか自分のことを、それほどでもないものです、というような態度をとったり、
口にしたりするようになっていた時期がありました。

今になってわかるのですが、それはだれにとってもあまり良くないことです。

それほどでもないものです、私は、というような態度と口ぶりは、
度を過ぎると、そのうち本当に自分をそんな気分にさせて、
なんとなくうまくいく気がしていた自分をどこか遠くへ遠ざけ、
なんとなくうまくいかない気がいつもしている自分を
身近に感じさせる効果があるように思えます。

なかには本当に度を過ぎて自信過剰な人もいますが、
度を過ぎて自信のない人よりも可愛気があります(笑)
何事も良い塩梅がいい、身の程を知るということも踏まえたうえで、
根拠のない自信、なんとなくの自信、うまくいく気がするという気持ちは、
だれもがそれなりに持っていたほうがみんなが幸せになれると思います。

だれでも、なんとなく幸運な人と一緒にいたいものです。
身ぶり口ぶりが自分をその気にさせるなら、
身ぶり口ぶりでみんなを幸せにするほうがいいと思いませんか?

身ぶり口ぶりは、いろいろなところで、自分がしようと思えば練習できることです。
いつもの生活の中ではちょっとそれはやりにくいなあ、と思う方には、
ダンスや歌をうたうこと、楽器を演奏することや演技をすることなどをお薦めします。
思いきり身ぶり口ぶりができる環境、むしろそれを歓迎される世界の中でなら、
みんなを幸せにするパフォーマンスをのびのびと練習して、学んでいくことができるからです。

さて、たのしい音楽教室では、音楽を通して"身ぶり、口ぶり、そしてわたし"を学びながら、
自信がついてくるパフォーマンスを身につけていくレッスンをしています。

けっこう本格的な自己表現プロセスの学習が人気ですよ。

体験レッスンのお申し込み、お問い合わせは
こちらからどうぞ。

お気軽にお問い合わせくださいませ(^_^)v

2014.10.16 | 音楽のある生活

個人練習の有用性となぜボイストレーニングなのか?について

最近見つけた本で、内向型人間の時代 susan cainがあります。
わたしも内向型人間なので、思わず手にとりました。

とここでおそらく、わたしをよく知っている方は
「ひかりさんが内向型?そんなことはないでしょう!」
と異議を唱えられるかもしれません。
つい先日も、ある友人に
「人前で話すことになんの緊張も起きないタイプだったんでしょう?」
と言われましたが、いえいえ、なんのなんの。
それはそれは、わたしは人並み以上に内向的な人間なのです。

小学低学年の時代、友達に筆箱を見せてほしくても見せてと言えない、
市バスに乗って、二人がけの席の奥に座ったところ、通路側にだれかに座られたら、
自分よりも先に降りてもらえることだけを祈るようなそんな子でした。

ごく親しい友達の中では雄弁で、多人数になるともの静か、そういうところが
クラスでいちばん元気の良い、所謂リーダータイプの女の子からは好かれ、
マスコットのように隣に侍らされていました(苦笑)

この本は社会、特にビジネスシーンにおいて、外向型の人間がとかく好まれる傾向にある
といわれる現代の中で、社会を変える静かな人の力について、さまざまな研究のデータをもとに
著者の考えがまとめられている内容になっています。

こうして読んでみると、自分の半生もいち研究者に臨床をされた気分になります。

わたしは今年、40になるわけですが、ここにきてやたらと思うことがあるのです。
それは、もうこれから先の人生はもの静かに過ごしていきたい、そんなところです。

あれだけ饒舌になっててよく言うよ〜!と言われることでしょうが、
人前で話す機会が増えれば増えるほど、自分がある程度の口数を超えると不安になってくるという、
なんとも異様な感覚が襲ってくるのはごく最近のことではありません。

2012年にiTunesにて発表させていただいたアルバム、
No Whereの中のシングル、『No Where』にもこういった自分の内面が歌詞となって表れています。こんな感じです。

 わたしがもっと寡黙だったら
  あなたはもう少し近くにいてくれたかもしれないのに
  未熟なわたしはこの胸の想いをだれかに伝えたくて
  限られた言葉を川に流してしまった
  流しながら気づいていたの 
  あなたは遠くへ行ってしまうこと

うーん、自分で書いてても何を思って書いているのかわからない...
というのはいつものことなんですが、(自動書記です、ほんとに)
言葉である限りは、こうして書き記しておけば、または自然とついてくるメロディに乗せて
歌にでもしてしまえば、なんとなくそこから意味を見出だそうとするわけで、
後から客観的に自分の書いた(自動書記した)詩を読んで、なんとなく、
ああ、わたしにとって言葉は、温めて、温めて、温めてからやっと、口にしたいものなんだなあと。
そうでなければ、わたしにとって必要なあなた(あなたと呼ぶもの)は、
いずれわたしのもとを去っていってしまうのではないか、という不安が常につきまとっている、
という心の情景が見えてくるわけであります。

こんな詩を書く人間が、外交的な人間といえるでしょうか??
とまったく自分よがりな証明をしていますが...
今日は久しぶりのブログで書きたかったのはここからです。

孤独なほうが練習がはかどる!あるいは、
クリエイティビティがあがる!というデータを見つけました。

心理学者のアンダース•エリクソンが同僚らとともに実施した有名な実験でのこと。
ベルリン音楽アカデミーの教授の協力を得て、バイオリン専攻の学生を3つのグループに分けた。
第一のグループは、将来世界的なソリストになるほどの実力の学生たち。
第二のグループは、すぐれているという評価にとどまる学生たち。
第三のグループは、演奏者にはなれず、バイオリン教師をめざす学生たち。
彼ら全員に時間の遣い方について同じ質問をする。

その結果、グループごとに驚くべき違いがあることがわかる。
彼らが音楽関連の活動にかける時間は同じで、週に50時間以上だった。
だが、上位二つのグループは音楽関連の時間の大半を個人練習にあてていたということだった。
具体的には一週間に24.3時間、一日あたり3.5時間。
対して第三グループが個人練習にあてる時間は、一週間に9.3時間、一日あたり1.3時間だけだった。

第一グループの学生たちは、個人練習をもっとも重要な活動だとし、すぐれた音楽家たちは
たとえ集団で演奏する者であっても、個人練習が本当の練習であり、集団でのセッションは
「楽しみ」だと表現する。

その後もチェスに心得のあるエリクソンは言う。
ひとりで練習したり学習したりすることが同じような結果をもたらす。
チェスの世界でも「ひとりで真剣に学ぶこと」がプロのチェスプレイヤーになるスキルを得るか
どうかの指針になると。

いったいなぜ、孤独はこれほど魔法のような働きをするのだろうか。
ひとりでいるときにだけ集中的実践が可能になり、それこそが多くの分野において驚異的な
成果をもたらす鍵なのだとつづく。

わたしのところにも、このほぼ10年の間に、
友達と一緒にボイストレーニングを受けたいのですがお願いできますか?
という申し出がこれまでに数件かあり、直感でたぶんダメだろうなあと思いながらも
一度は試してみてやっぱりダメだったので、それからは断っているという例があります。

直感でたぶんダメだろうと思ったのは、演奏者はひとつの楽器を演奏する者として
独り立ちできてはじめて、集団での即興的かつお互いを尊重し合うパフォーマンスの向上に
つながる、ということをこれまでの経験でなんとなく知っていたからだろうと推測します。

たぶんダメだろうとは思うけど...とは言わなかったと記憶していますが、
予想に反せず、その自称未来のボーカルグループのメンバーさんたちは
なんやかやと空中分解してしまいました。
ひとりだけどうしても続けたいというような意志を伺いましたが、ひとりになった途端、
トレーニングに集中することよりも、どうしていいのかわからないことのほうに気持ちが集中するようでした。

だからわたしが思いますのに、ひとりで何かに真剣に取り組んだことのある経験というのは、
なにも音楽だけに限らずいろいろな分野で、けして見過ごせないほどの大きな下支えと
未来の可能性を量る基準に、私たちの知らない間になっている可能性が非常に高いということです。

ひとりで長時間、何かに真剣に取り組んだことのない人は、いつもだれかと一緒じゃなければ
なにもできない自分を感じたり、集中の仕方がわからない、何をどうがんばればいいのかわからない、
集団の中でも自分はどう振る舞えばいいのかがわからない、というようなことに
なってくるのではないでしょうか。

思えばわたしが十代にやってきたことは、5歳からはクラシックピアノ、8歳からは
スピードスケート、12歳からは陸上、15歳からはバドミントンとバンド活動、
18歳で一人暮らしと、おのずと個人の力がどうしても成果として目立ってくるものばかりを
選んでやってきたように思えます。

そういうところで、苦しくたって、緊張したって、やるときはやるしかない、という独り立ちを
獲得してきたのかもしれません。

大人になると、またはまだ十代でも、ある程度、歳を重ねてくると、
個人の力を目立たせないようにやっていけるようになるという気配を感じます。
どうぞどうぞ的な譲り合いや、わたしなんてそんな...というほんとうの謙虚とは違った態度などで
自分をわからなくしてしまうのは、非常にもったいないことです。

ですからわたしは、久しぶりの投稿で声を大にして言います(笑)

もっと個人の力を伸ばす練習を!
真剣に取り組める何かを見つけて、たったひとりからはじめてみよう!

で、ここで思いきり宣伝ですが...(笑)

裸一貫、なにも揃えず、ひとりですぐにはじめられる、
ボイストレーニングのススメ。

を多いにお薦めいたします。

もちろん、この日記を読んでくださっているみなさんお一人お一人が、ほんとうに真剣に
なにかに取り組める毎日が今日から、または明日からでもスタートしましたら、
わたしはそれで十分幸せでございます。

はぁー、今日も久しぶりのブログ、長文を更新しました。
今年に入ってから特に、自分の半生(希望は3分の1生)を振り返るとともに、
これからの明るい未来設計や実践のために内向していたので、
ブログもFacebookもお留守になっていました。

これからも内向しながら、外向しながら、孤独と集団を愉しみながら
やってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

久しぶりのブログを読んでいただき、ありがとうございます!

ただいま、たのしい音楽教室では、春の寝心地キャンペーンを実施中。(〜6月末まで ※定員あり)
ボイストレーニングや歌をうたうこと、心と体のバランスを調えることや表現技術を学ぶこと等に
ご興味のある方は気軽にお声がけくださいませ。
新しい自分、新しい仲間に出会う愉しみを共有いたしましょう。

体験レッスンのお申し込みはこちら...
最新の詳しいレッスン内容はこちら...

2014.05.25 | 音楽のある生活

未来は面白くなるかどうかで決める。

こんにちは!亘理久佳乃です。

面白きこともなき世を面白く...という言葉にはじめて出会ったのは、
大河ドラマの平清盛でしたが、これがやたらと心に響いたのを覚えています。

わたしの心の中にもきっと、
そういった生きる姿勢みたいなものが芽生えていたからでしょう。

どうせ生きるなら、面白いほうがいい。
と、ただそれだけのことです。

面白いという漢字から、そこに、たくさんの面がある、
という意が感じとれるような気がします。

どうせ未来へ向かうなら、たくさんの面がある方向へ向かうほうがいい。
こんな風に言い換えられるかもしれません。

つい先日、雪のため、自宅へ帰る途中の高速道路が通行止めになってしまい、
明日のレッスンも朝が早いし、どうしようかな...と思っていたところ、
ここは安全をいちばんにとって、近くのホテルで一泊しようということになりました。

近くのホテルといえば、それなりにたくさんの選択肢がありました。
家に帰れないだけの急な対応ですから、もちろん旅行気分ではありません。
価格をとるか、場所をとるか、それとも、せっかくなら...
ということで、真剣にホテル選びにかかりました。

けっきょく、いちばんドキドキ、ワクワクする選択肢を選びました。
大阪市内の一流ホテルです。
ずっと泊まってみたかったホテルです。

パートナーにいたっては、中学生時代に家庭教師だった英語の先生が、
年末年始は毎年そのホテルで10日間ほど滞在し、好きな映画を観て、
プールで泳いで、夜はシンフォニーを聴きにホールに出かけ、
ホテル特製のハンバーグステーキを食べる...なんていう
いかにも素敵な大人の時間を過ごしているのを知って、ずっと憧れていたそうです。

ただ便宜をはかるだけなのに、ちょっと贅沢では...?
と心が揺れないわけではありませんでした。
けれど、むしろこういう機会もなかなかあることではありません。
思いきって予約をしました。

結果、とても素敵な体験ができました。
思わぬ部屋のアップグレードにもあい、最上階でのステイとなりました。
何から何まで一流の空間の中、心も身体も芯からゆったりすることができ、
あらためて、一流ホテルが提供してくださる時空間に高い価値を感じました。

またぜひこういったホテルでの過ごし方を
私たちのライフスタイルにちりばめていきたいと思っています。

音楽も、思えば、いつも通りの道を選べば
なんとなく面白みが欠けてしまうものです。

迷ったときは、面白くなるほうを選択する。
みなさんもいかがでしょうか?

2014.02.10 | 音楽のある生活

もっと時間を創造しよう。by たのしい音楽教室

もっと時間を創造しよう。
なかなかわかりにくい言葉ですが、今日はそう言いたい気分です。

体験レッスンを希望されて、日程の調整のご相談のうえ、
ご都合がよろしいと仰ったお時間にお待ちしているのに来られない...。
なぜなのでしょう?

もちろん、まず初めに心配するのは途中で事故に遭われたのではないかとか、
なにかしらの理由で連絡もできない状態に今いらっしゃるのか、
あるいは完全に忘れてしまっているのか、熟睡してしまって夢の中なのか...
いろいろなことが想定されます。

それで、こちらからは「お待ちしておりましたが、どうされましたか?」と
当然お電話をさせていただきます。
こちらとしては、相手の方のために準備させていただいていた時間を
さて、これからどうしようかという課題が残るからです。
一緒にご飯を食べようと思って料理をして待っていたのだけれど...ということです。

もしかすると人によっては、ちょっと重い...などと感じられる方も
いらっしゃるのかもしれませんが、たのしい音楽教室はそういう世界でできています。
相手のことを思い、自分のことを思う時間が流れています。

私たちはむしろ、相手のことを思い、自分のことを思う時間が
私たちの生きている現実世界、社会の中からなくならないように努力しています。
だから、たのしい音楽教室に見えるみなさんもそうですし、これからお見えになる方にも
お互いを思いやる時間の素晴らしさを体験していただきたいと思っています。

音楽は時間芸術だといわれます。
時間の芸術です。
時間には3つの世界があり、世界中で動いている時計だけが本当の世界ではありません。
自分の中に流れている時間の世界もあれば、
ある一定の時間をだれかと一緒に過ごす時間の世界もあります。

私たちはだれかと約束するとき、この日に、この時間に会おうと
共通した時間の世界でお互いに出会えるよう確認しますが、
それ以外の時間の世界はもっと自由で、自分が好きなときに好きな相手と好きな時間を
創造することができます。
こういった時間の創造ができないと、人生はとても寂しいものになります。

だから、わたしは時間を創造していない状態の方に出会うととても寂しくなります。
一つの時間の世界だけにとらわれ、時計に動かされて生きていることと
3つの時間の世界を、特に残りの2つの時間の世界を自由に生きることは
時間の概念を大きく変えます。

もっと積極的に時間を創造してみましょう。
だれかと会う約束をしているなら、会う前からなにかを創造し始めましょう。
どんな服を着ていこうか、ただそれだけでも私たちは自由を感じられます。

もっと、もっと、あなたの時間の世界には大きな可能性があるということを
音楽を通して伝えてゆきたいと思います。
初めて体験レッスンにお見えになる方に、今日このように書かせていただいたことが
もっとわかりやすく上手に伝わるように工夫をしていきたいと思います。

お返事がないだけで心配している私たちがいるということを、
もっと本音で話したいことは話していただきたいと思っている人がいるということを、
わかってくださいね。

それでは、今日も、レッスンスタートです。
今日のレッスンパートナーである楽曲は、
スキマスイッチさんの『ボクノート』、鬼束ちひろさんの『流星群』などです。♪

今日もたのしい時間をご一緒に楽しみましょう〜!!


◯体験レッスンにお申し込みされる方はこちらへ →
 必要事項とご希望の日程を第三希望くらいまでお知らせいただけますとスムーズです。
 
◯今月のレッスン•カレンダーはこちらをご参考になさってください →

◯お問い合わせはこちらへどうぞ →
 
※ ただいま、スタートアップコース、クオリティアップコース以外にも
 お一人お一人に合わせたレッスンのスタイルが選べるコース内容をご用意しております。
 詳細は体験レッスンを受講の際にご案内しております。

◯2013夏から2014年冬に向けて、たのしい音楽教室メンバーみんなで歌った歌、
 『ココロとココロ』ダイジェスト•ムービーが見られます。♪

2014.01.19 | 日常

きれいに目覚めて調和する、五気弦ヴォイストレーニングが始まります!

ご無沙汰しておりました(^_^)
こちらのブログを更新するのが、実に二ヶ月半ぶりになってしまいました。

夏から秋にかけて、楽曲制作に力を入れたり、来年から始まる
五気弦ヴォイストレーニングの通信レッスンのために、コラムを書いたり、
テキストを作ったりと、日々のレッスンをしながら
自宅とスタジオに籠りがちな日々を送っておりました(現在も進行中)。

宝石のようにキラキラとした夏休みもちゃんといただきました。
信州に帰省し、家族やたくさんの旧友と楽しい時間を過ごしました。
中学校の同級会に、歌好きな友人とのカラオケタイム、二人で4時間も歌いました。
自宅の庭でバーベキューしたり、友人の家で午後の静かな時を
お茶を飲みながらゆっくりと語り合ったり。
友人たちと友人のお墓参りも行きました。
帰りは集まったみんなでカフェに寄って、積もる話や思い出話をいっぱいしました。
ある夜は、釜ご飯で知られる身体にも心にも優しいお店で、
友人と自分たちの描く生涯について会話しながら美味しいお料理をいただきました。
このときばかりは普段の仕事のことは忘れ、今、ここでしかできないことを
思いきり満喫してきました。

普段はなかなかゆっくりと読むことのできない小説も、
信州に滞在している間は、何にも邪魔されず、静かに読書に耽ることもできます。
今回は始めての百田尚樹さんに挑戦しました。
本屋さんでいちばん最初に目についたのが「永遠のゼロ」でしたが、
ちょっとひねくれ者の私は、他に単行本で読めるものはないかなぁと探した所に
モンスター」を見つけました。
読みやすくて、とても面白かったです。
単行本で485ページもありましたが、3時間半ほどで一気に読みきってしまいました。
私は速読はしないので、じっくり身を任せて読むタイプですが、
一度に読みきってしまった驚きよりも、人間の集中力が持続するといわれている
1時間の三倍近くの時間、ずっとこの本に夢中になっていたことに驚きました。
やっぱり、面白いこと、楽しいことって、特別な時間の流れ方をするのですね。

大好きなことをしているとき、たとえば私にとっては、
歌っているときや、曲を作っているとき、レッスンしているときや
ピアノを弾いているとき、家族や気の置けない友人と会話を楽しんでいるとき、
そして、自然と戯れているときなどは、
そこにあった時間がまるでつかみどころのない時間、永遠の時間のように感じます。
永遠のような時間は、私たち人間にとって、至極の時なんですね!
この至極のような時が忘れられなくて、相も変わらず
自然に習い、音楽に習い、自分の声に習いしながら
毎日を生きることに夢中になっています。

さて、長くなりましたが、今日は大切なお知らせがあって、
久しぶりのブログを綴っています。

明日は私の39歳の誕生日なのですが、この機会とともに、大切に、大切に育ててきたHAPPYヴォイストレーニングを次のステージへと押し上げたいと思います。
はい、お待たせしました、新しいヴォイストレーニングの誕生です(^_^)

たのしい音楽教室でヴォイストレーニング•レッスンをさせていただくようになってから、
今年の春で9年目になりました。
これまでレッスンさせていただいてきた生徒さんも1000人になりました。
ほんの一月前にお会いした方もいらっしゃれば、
最も長く通われている方は、今年で7年目になられます。
長いようで、あっという間、あっという間のようで、長い月日でした。

自分の声と向き合いたいというたくさんの生徒さんたちのおかげで、
HAPPYヴォイストレーニングは、この9年間の間に、ムクムク、スクスクと
成長してくれました。
この場を借りて、これまでご一緒に時を過ごしてくださったみなさんに
心からの感謝を申し上げます。

(これまでの軌跡は、たのしい音楽教室のホームページや、当ブログのバックナンバー
HIKARI WATARIのiTunesでご高覧、ご試聴いただくことができます)

さて、これからの新しい形、新しい繋がりを担ってくれる
ヴォイストレーニングをご紹介いたします。

はじめまして!
五気弦(ごきげん)ヴォイストレーニングと申します。 (^_^)


ヴォイストレーニングの道(略して「声の道」)を一途に邁進されたいみなさんのために、
2014年の2月を目処に、全国どこにいてもレッスンを受けていただくことができる
DIY(Do It Yourself)スタイルの通信レッスンがスタートいたします。

それに先駆け、「ヴォイストレーニングに興味がある!」という全国の方を対象に、
レッスン前のウォーミングアップとして、レッスン•レターの配信を開設いたしました。

自分の声と向き合うことに一生懸命になりたい方にとって、
毎回お届けする「今を楽しむためのレッスン•レター」は
きっと、みなさんのヴォイストレーニング•レッスンを一層豊かに、
そして、新しい発見や感動の出会いをもたらすものになってくれるはずです。

ヴォイストレーニングははじめて!という方も、
もう始めているけれど、もっとしたい!という方も、
ぜひ、亘理久佳乃が愛と自信を持ってお届けするレッスン•レターをお受け取りください。

登録は、下記のフォームで行うことができます。
それでは、より濃密なヴォイストレーニングの世界でみなさんとお会いできるのを、
毎日ワクワクしながらお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします(^_^)♪

五気弦ヴォイストレーニングで、ごきげんな私たちを。が合い言葉です。



2013.09.10 | 音楽のある生活

緊張と緩和、音楽のような日々。

ご無沙汰しております(^_^)
みなさん、お元気でいらっしゃいましたか?

まぁ、今月に入ってからというもの、色々なことがありまして...
もちろん、みんな、生きていれば色々なことがあるのが普通なのですが。
それでも色々と対応を迫られたり、迫られている気持ちになったりすることが
普段よりも多いと、さすがに色々なことがあって...となんとなく心が忙しくなるものです。

まるでここ最近の天候のようでもあり、緊張と緩和が織りなす音楽のようでもあり。

この波を乗りこなしてこその日々のトレーニングの成果ではありますが、
さすがに今月はちょっと心身ともに堪えているのかなぁと。

でも、おかげで無理することなく、程々に過ごしているので
日常の仕事はむしろ、良い状態を保てているのではないかなぁ、
むしろ、いつもよりも良い感じじゃないかなぁと自分では思っています。

4月から始まった春のキャンペーンも、今月末で一旦幕を閉じるわけですが、
新しい仲間のみなさんが増え、当初ご用意させていただいていた定員数に届きました。

この度のキャンペーンを通じて、改めてみなさんから感じさせていただいたこと。
それは、やっぱり自分の心や身体、声に関することにはみなさん多大な興味と関心があり、
どのようにすれば自由自在にそれを表現することができるのか?ということに
問題意識を強く持たれているということを再認識させていただいたなぁと。

自由であるには自らを統制する自律性や、自らから生まれる自発性など、
自在であるには自らの意思や意志の存在、また偶然性の存在を心から認めることなどが
不可欠であることを、どこかしらで感じているからこそ、僭越ではありますが
このヴォイストレーニングに惹かれるのではないかなぁと思います。

ところで、わかりやすいがために、また一般的であるがために
私がやっていることをヴォイストレーニングや、ヴォイストレーナーと呼んでいますが、
昨日、ぴったんこカン•カンを観ていて、思っちゃったわけです。

昨日の回をご覧になった方は記憶に新しいと思いますが、
あの「いつやるか?今でしょ」の林修先生が「サ行」の滑舌を良くしたいと
安住アナウンサーさんと中目黒のヴォイストレーナーさんのところへ行かれました。
そこで、すぐにできるトレーニングをみんなでするわけですが
これを観て、思わずパートナー(音楽活動と音楽教室を共にしている旦那さんです)に、

あれ?!!もしかして、私、ヴォイストレーナーじゃないのかもしれない!!

と思わず、口をついて叫んでました(笑)
良いとか良くないとは全く関係なく、なんか向かっている先が違う...と感じたわけです。
旦那さんはその後、何を言ったかといえば、

やっぱり、久佳乃さんは音楽家なんだよ、と。

むぅー!言葉って、難しいと思いませんか??
悩ましいなぁと。

かといえ、先ほどの表現のことで言えば、
自由自在に言葉を表現するのも能力の一つ。
むぅー...鍛えられます。

また悩みの淵にはまりそうになっている私を、ふと顔を上げさせてくれたのは
長年心理カウンセラーとして活躍されている方でもあり、友人でもある女性の
私のやっていることを形容してくださった言葉。

音楽と心を繋ぐブロ。

有り難いことです。。
それに、とてもわかりやすい。
自分の心にもストンと入ってくるこの感覚は何?!と感動してしまいました。

自分で呼ぶにはおこがましい肩書きですが、親愛する方がこう呼んでくださると
それはもう嬉しいですよね。

これから益々、これまで培ってきた
たのしい音楽教室の心と身体のヴォイストレーニングが
多くの方に出会っていくことになっていきそうですし、
(今年の冬からまた外部の企業とのコラボレーションレッスンが検討されています)
より多くの方とより自然な繋がりが持てるようネット環境も整えているところです。

大事なもの、大事なことであるからこそ、また全てのコアであるからこそ、
慎重に時間をかけて進めています。

先月で、9年目を迎えた「たのしい音楽教室」と
5年前に立ち上げた「Happyヴォイストレーニング」とで融合されているものが
これからどのような表現となって新しい方向を示してゆくのか、
私自身、とても楽しみにしています。

さて、長くなりましたが。
(久しぶりにブログを書いたら、止まらなくなっちゃいました)
これまでも、これからも、自分の表現に時間とエネルギーを使ってこられたみなさん、
春から新しくスタートされたみなさんも、これからまた出会うことになるみなさんも、
始めよう!と思ったときが吉日です。

期間はあと10日を切りましたが、キャンペーン期間後ももちろん
たのしい音楽教室(たのしい歌レッスン)、Happyヴォイストレーニングは続きます。

私たちの生命活動が終わるまで続きます(笑)

それぞれのみなさんの吉日にお会いできるのを楽しみにしております(^_^)v


たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。期間は4月6日〜6月末日まで、
あと1〜2名をキャンペーン対象の定員とさせていただきます。

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に創意工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.06.22 | 音楽のある生活

今年も秋の発表会ライブの準備に入りました!

今日から新緑の信州へ出かけてきます(^0^)/
(たのしい音楽教室ではただ今、少し遅めのゴールデンウィク休暇をいただいております。
 メールのやりとりはできますので、どうぞお気軽にお声掛けくださいね)

今やっと準備を整え、気持ちよく出発できる状態になりました。
何事も準備が整うと安心して、何でもできそうなゆとりが生まれてきますね。
また新鮮な空気と風に吹かれ、大自然のエネルギーをいっぱいに吸収して戻ってきます♪

準備と言えば、気がつけばもう5月も半ばということで、
今年も毎年恒例の秋の発表会ライブについていろいろと考えた末、
昨年と同様、雲州堂さんにて、11月16日(土)に開催する予定といたしました。
先ほどいつもお世話になっているMさんとお話をさせていただいたのですが、
内容の趣向を変えて、より充実した面白い一日にしたいと思っています。
みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

発表会ライブはたのしい音楽教室が開校した2年目から始まり、
毎年行われてきて、おかげさまで今年で第八回目となります。
8といえば、なんだかおめでたい数字。
おめでたく、明るく、色鮮やかな時間をみなさんとともに過ごせたらと
今から胸をワクワクさせています。

初めての方も、数回目の方も、もう常連という方も、
未定の方も予定の方も、とにかくみんな一緒に足並みを揃えて、
ステージでパフォーマンスすること、みんなと何かを共感すること、
楽しむこと、挑戦すること、とにかく一生懸命になること、はたまた
ぼんやりすること、のんびりすること、感動すること、スリルを感じること、
なーんでもいいですので、どこかで繋がりながら未来へと向かってゆきたいと思います。

こんなことやってみたい!
あんなことしてみたい!など、随時リクエストをお待ちしております。
ちなみに、今年もみんなで歌い上げるオリジナルソング企画も準備中です。
レッスンしながらレコーディングをリレーでつなぐこの企画、ぜひお楽しみに☆

さて、たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。
(期間 4月6日〜6月末日まで)

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に創意工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.05.22 | 音楽のある生活

いつもと違った角度から、ものを見たり聴いたり感じたりしてみる。

IMG_3857.JPG
こちら(写真)、何だかわかりますか?

はい、そうです、たいやきです。

思わず、自分が一口食べた後のたいやきを
写真で撮ってみました。

なんだか面白かったので^^

思いっきり、頭からガブッと食べちゃったなぁ、とか
案外、大きな一口だなぁ、とか。
このたいやき、どんな顔をしてたっけ?とか、
そもそも見もせずにガブッと食べたもんなぁ、とか。
一口食べたたいやきが、こうして手元にちゃんと残ってみると、
自分のしたことが後からしっかりと観察することができて
とっても面白いと思ったことはありませんか?

こういったブログもそうですが、自分がいろいろと考えて
書いたことがちゃんと残っていくようになっていますよね。
すると、後になって読むことができる。
過去を振り返ることができる。
振り返るのは、ただ懐かしむためだけじゃなくて、
未来への参考になることも多いにあるんです。

たとえば、音楽を表現していると
時間との付き合い方に随分と慣れてくるところがあります。
過去と未来が繋がっている、未来が現在に流れてくる、
体感スピードを自分の中で変えることができる、などといった感覚が強くなってくると、
結果を少し変えたかったらプロセスを少し変えてみればいい、
ということが経験的にわかってくるので、
プロセスの段階で自分の行動を意図的にコントロールしてみたり、
どうやってこういう結果になったのか?という
分析する力や観察する力も自然とついてきます。

ヴォイストレーニングもそうで、トレーニングでいちばん大事なのは
今、自分が何をしているのかをちゃんとわかっていることだと思います。
背骨をこう動かすと声がこんな風に変わるだとか、
こういう声を出したいからこういう動きを加えるとか。

声は成果となってすぐに耳に響いてくるので、
自分の行動をこうやってコントロールすると、どういった成果が得られるのか、
などの実験を何度もくり返しながら、行動の変化ごとの僅かな違いを見つけては
記憶していくことができます。

また、意図したとおりに実行できる力も必要です。
それを再現力といいます。

意図したとおりの成果が得られる方法を見つけたら、
今度は何度もくり返し練習して身体に馴染ませ、
いつでも思うように再現できるように維持しておきます。

実験と再現と維持を何度も何度もくり返すことで、
自分のものになっているものもわかりますし、
まだ自分のものになっていないものも見えてきます。

ダンスパフォーマーとして世界に知られるTAKAHIRO UENOさん
素敵なことを仰っていました。

経過は己が為に、成果は他が為に。

まさにご自身のダンスを極めてこられた、また、これからも
自分の道を突き進んでゆく方として、相応しい言葉だなぁと感動いたしました。

練習と聴くと敬遠してしまいそうな方もいらっしゃるかもしれませんが、
日々の実験や毎日のトレーニングの中にこそ、
自分自身を成長させてくれる宝物がごろごろと転がっていて、
成果を発表することだけでは得られない、楽しみや面白みが
いっぱい、いっぱい詰まっているんだよ~☆
ということを、声を大にしてみなさんにお伝えしてゆきたいです。

何よりも、どれだけ実感を持って、
時間(人生)を過ごすことができるかだと思いませんか?

人生、感動を持って生きたいです!^0^/〜♪

さて、たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。
(期間 4月6日〜6月末日まで)

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に創意工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.05.12 | 音楽のある生活

平凡な日常と家族や友人のいる温かさ。

IMG_3300.jpg只今、自宅のある兵庫県三田市から尼崎市の音楽教室に出勤いたしました。
人生で初めて経験したくらいの大きな地震でした。朝からびっくりして飛び起きちゃいました。

旦那さんが近くにいてくれて、揺れ始めた瞬間、肩を抱いてくれました。
私以外の家族全員は阪神大震災を経験しているので、みんな落ち着いていました。
これくらいならまだ大丈夫、と言ってくれて、それがとても心強かったです。

家の中を声が飛び交いました。
「みんな大丈夫?」
「大丈夫?」

一階に寝ているおばあさんの無事も確認できて(足が弱いので簡単に転んでしまうのです)、
ほっとするとともに、家族っていいなぁと心から思いました。

教室に着いたら、靴箱の上に置いてあったアロマのボトルが下に落ちていました。
積んであったCDも一枚、足元に落ちていました。
この教室もけっこう揺れたのだな、と気づかされました。

私たちの会社は音楽教室の運営以外に
尼崎市内に三棟のマンションを管理させていただいているのですが、
住んでおられるみなさんの様子や建物の様子や安全を確認しに
早速、旦那さんは出かけて行きました。
大丈夫だとは思いますが、みなさんの安全と心の安心を想わずにはいられません。

生徒さんからも何人かメールをいただいたり、
朝一番にレッスンを予約されていた方からは先ほどお電話をいただきました。
ちょっと電車が遅れていますが、向かいます、と元気なお声を聴いて安心しました。

みなさんを恋しく思うのと同時に、
多少震えながらもいつも通りの朝を迎えられたこと、
平凡な日常の幸せを噛みしめています。

これからもいつも通りの一日を穏やかに過ごしたいと思います。
今日もみんなと一緒に、たのしい音楽をしようと思います^_^

さあ、気持ちよくみなさんをお迎えするためにも、温かいお茶の用意でもいたしましょう。

2013.04.13 | 音楽のある生活

わすれな草とたのしい音楽教室。

IMG_3256.JPG
写真では色が飛んじゃってますが、
わすれな草は、とても綺麗な水色をしています。

水色の小さな花びらの真ん中に、黄色の花粉の部分があって、
まるで、ほんとうに小さな小宇宙を観ているよう。

これは、自宅のベンチで撮りました。

今日はこのわすれな草のプランターを、音楽教室まで持って行き、
玄関先に置きました。

音楽教室の玄関先は、いつもお花でいっぱいなので、
ときどきお花屋さんに間違われることもあります。

お花屋さんだと思って、車を停めて近づいてみれば、
音楽教室だった、なんて、なんか拍子抜けしちゃうでしょうね。

代わりにカフェでもすれば、じゃぁ、せっかくだから、
コーヒーでも一杯飲んでいこうか、ともなるかもしれませんが、
音楽教室では、じゃあ、せっかくだから、レッスンを受けて行こうか、
とはなりませんものね^^

でも、きっと、心には残ってくれるかもしれませんね。
いつもお花がいっぱい咲いている音楽教室があるなぁ、なんて
だれかがどこかで目を楽しませていてくれれば、嬉しいです。

ちなみに、わすれな草の花言葉は、
わたしを忘れないで、真実の恋、真実の愛、だそうです。

たしかにあの澄んだ青い瞳で見つめられると、
とても嘘はつけなくなるような気がしますね。

さあ、今日ももうこんな時間です。
明日のレッスンのためにも、もう休まなければ^^

明日の朝も、あのわすれな草が澄んだ瞳で待っていてくれると思うと、
今夜も澄んだ気持ちで眠ろう〜、なんて思えます。


さて、たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。
(期間 4月6日〜6月末日まで)

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

お気軽にお問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

みなさんとのご縁が円でつながることを、スタッフ一同、楽しみにしております。

2013.04.12 | 音楽のある生活

人間はいつも自分らしいことをする。

IMG_3082.jpg

実は、人間はいつも自分らしいことをしている、というのです。
だから、私はいつも私らしいことをしているし、
あなたもいつもあなたらしいことをしている。

自分らしさって何だろう?と、自分らしさを探すときには
どこかに落ちているのではないかと宛てのない旅に出かけるよりも、
いつもの生活の中で、自分がやっていることをよく観察すれば
自ずと答えは見つかるとういことです。

こんなシンプルなことに気づかなかったのは、きっと、
私が私を見つめることが難しかったからでしょう。

たとえば、自分が写っている写真や動画を見るのが苦手とか、
自分が歌った歌を聴くのが苦手とか。

自分がやったこと、在ったことを、ありのままの姿が見つめられるようになるには、
けっこう時間がかかるものでした。
そのありのままの姿こそ、自分がずっと求めていた自分らしさそのものだというのにです。

強く求めすぎると手に入らない、とは、どこかの台詞で聴いたことがあるような言葉ですが、
求め方にヒントがあるのでしょう。
まずは子どものような状態に戻って、今日も自分がやったこと、なった状態を
先入観を持たずに見つめること。
それだけで、自分らしさというのは案外あっさりと見つけることができるものなのです。

自分にはそれができそうもない、と思っている方は、
信用のおける人に「私ってどんな人?」と尋ねてみてはいかがでしょうか。
たとえばそれは、お母さんだったりします。
大人になればなるほど、そういえば、お母さんっていつも、
私のことをこんな風に言っていたなぁ...と感動するものです。
似合う色、似合う服、もちろん、似合わない色や服のスタイルなんかも、
けっきょくお母さんは、いつも正しかったことに何度も驚かされてきました。

「私ってどんな人?」と誰かに尋ねることも、たしかに少し
勇気がいることはではありますね^^。
でも、それで自分らしさに目覚めてゆけると思えば易いものです。

自分らしさに悩んでいる方というは、ぜひトライしてみてくださいね。

そして、もっと、もっと、自分のことを知りたいと強い想いが溢れてきたら、
何かを表現することを始めてみましょう。
絵でもいいし、文章を書くことでもいいです。
ダンスや音楽、スポーツやサブカル評論、写真でも、料理でも、陶芸でもなんでも。
なんでもいいから表現していくのです。
そうすれば、いつも自分らしさに触れていられる面白みを感じられると思います。

人間はいつも自分らしいことをする。

思えば、私たちの人生こそ、すでに、表現そのものだということではないでしょうか。
LIFE IS ART.
おっと、英語に訳すと、またもやこんなにシンプル。

ちなみに『今日の写真』はオオイヌノフグリです。
今日は見事なお花見日和で散歩に出かけたのですが、
なぜか私の心は、頭上を咲く桜よりも小さな野の花に惹かれていきました。
これも思い返せばいつも、母が言っていたことと同じこと。

「あなたはね、お花にたとえれば、けして派手なお花ではなくて、
 小さな野の花のようなタイプよ。そう、木陰に咲く小さなスミレのようなね」

それを初めて聴いたときは、なんか寂しいような、受け入れがたい気持ちがしましたが、
(だって、やっぱり、バラとか、百合とか、ガーベラとかダリアとかに
憧れるじゃないですかねぇ^^;)
今や、母の言っていたことが、よくよく、身にしみてわかります。
おかげで受け入れた途端、なんとも自分を表現することが楽に、シンプルになりました。
お母さん、ありがとう!です。

たのしい音楽教室では、音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、皆さんお一人お一人に工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

只今、春のキャンペーンを開催中です。お気軽にお問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.04.05 | 音楽のある生活

今日もFOXbs238チャンネルで『きれいヨガ』やっています。

IMG_2979.JPG

きれいヨガやっています、といっても、わたしがヨガに出ているわけではなく^^
流れているBGMを仲間達と作曲させていただきました。

FOXTVといえば、わたしの大好きな『BONES』シリーズや、『アグリー•ベティ』、
FOXCRIMEやFOXMOVIESなど、普段から最大限に鑑賞させていただいています。
今月は早速、『チェ 28歳の革命』と『チェ 39歳別れの手紙』を予約録画しました。
ずっと観たいと思いながら機会がなかなかなかったので、
番組表に見つけたときは嬉しかったですね。

うちはJ:COMを利用しているのですが、予約さえしておけば
あとは忘れていた頃に自分の観たかった映画やドラマ、
番組が好きなときに観られるので、とても重宝しています。
そこで最近注目しているのが、日本に上陸したばかりのFOXsportsです。
この度、ご紹介した「きれいヨガ」もそうですが、
海外サッカーも面白く鑑賞しています。

テレビの映像が格段にきれいになったことで、
スポーツ番組は特に面白くなったような気がしています。

この度、共同でお仕事をさせていただいたことによって、
ファンだったFOXチャンネルが身近に感じられて、なんだか幸せです^_^v

これを期に今月は、私自身も新しいヨガスタイルに取り組みたいと思います。

「きれいヨガ supported by Reebok」は4月1日からスタートしています。

 毎週月~金曜日(15:30~16:00)放送中です。

 http://foxbs238.tv

ご一緒に身体をのびのびさせてみませんか?
心地の良いナレーションと映像、そして音楽が、私たちを癒してくれます。

たのしい音楽教室では、音楽を通して身体、心、声を用い、
自由自在に"わたし自身"を楽しむエッセンスを
皆さんお一人お一人に工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

只今、春のキャンペーンを開催中です。お気軽にお問い合わせくださいませ♫

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html ^_^*

2013.04.02 | 音楽のある生活

いかがお過ごしでしょうか?

3月11日が過ぎ、気がつけばもう一週間以上が経ちました。
皆さんはあれからいかがお過ごしでしたでしょうか。

"悲喜こもごも"という言葉をわたしは最近知ったのですが、
悲しいことと嬉しいことというのは"こもごも"としたもの、
表裏一体ということなのでしょうね。

今、こうして生きられている喜び、
大切な人たちと会ってお話をしたり、お茶をしたり、歌ったり、ピアノを弾いたり。
ほんとうの幸せを今ここに感じられます。

今目の前にいる人と、近くにいる人と、一緒に暮らす人と、一緒に働く人と...
いつまでもこうして、一緒にいられて幸せだなぁと
感じながら生活できるようになるのも、私たちの生活の中に
さまざまな悲しみがあるからでしょう。

悲しみが深ければ深いほど、喜びも深くなることを
時間と自然はいつも教えてくれます。

悲しいときは歌を歌うといいですよ^^♫

わたしはこれまでずっと、怒りや悲しみといった感情を
歌うことによって喜びや楽しみに代えてきました。

皆さんが普段、良い歌だなぁ...と聴いたり歌ったりしている歌も、
作者の怒りや悲しみが、音楽になることで
喜びや楽しみに浄化されいく歌がたくさんあると思います。

たとえば最近では、ある生徒さんが「千と千尋の神隠し」でも知られる
『いつも何度でも』(作詞/覚和歌子•作曲/木村弓)という歌を歌われているのですが、
その歌詞に改めてわたしははっとさせられました。

優しい歌声とともに響くこの歌の歌詞は
私たちをそっと優しく撫でてくれるお母さんの手のようです。

かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

悲しいなぁ、辛いなぁ、というときは我慢せず
そっと、そのくちびるで歌を口ずさんでみる。
悲しみが喜びに代わる瞬間が、そこにきっと、あるはずと信じて^_^♫

2013.03.19 | 音楽のある生活

2012年を振り返りまして

今日、嬉しいメールをいただきました。
それは「亘理さんのブログが好きです」という、とても有り難いものでした。

履歴をご覧頂ければわかりますが、ブログの更新はめっきり減っております^^;
でも、こうしたメールをいただくとやっぱり...自然と心が温まります。
心が動かされます。
本当に幸せなことです。

そこで、実に三ヶ月ぶりにこうしてブログを書いています。

ちょうどそういった時期でもありました。
もうすぐ2012年が幕を閉じ、新しい年、2013年がやって来るからです。

今年は今まで以上にいろいろな気づきを得た一年になりました。
毎年11月に行われる発表会ライブでは、皆さんのパフォーマンス力が
だんだん力をつけているのを肌で感じさせていただきましたし、

新しい試み、みんなで一つの歌を歌おう!という企画も実行することができました。
(後ほどその映像音源はご紹介させていただきます)

発表会ライブ後の反省会(ランチイーティング)も良い機会になりましたし、
また新たな気持ちで自分自身の表現を楽しむ道筋を感じ、歩き出された皆さんに触れ、
たのしい音楽教室のこれからについても深く考えさせられています。

皆さんのために、これからどのような環境作りを担ってゆけるかということです。

でも、けして大きなことではありません。
大きく考えることは素晴らしいことですが、実は大きいということは小さいということ。
私たちにとって必要な環境は小さいことでいいと思い至りました。

小さいけど確かなことというのが肝要です。

Facebookも始めてみました。
ソーシャルネットワークは私たちをいつも緊張させるものですが
今は少しずつ慣れていきたいと思います。
(こちらも後ほど、ご紹介させていただきたいと思います)

思えば、この教室は「思い溢れて」できました。
手作り感を忘れないように、これからも小さいけど確かな音楽教室として
呼吸をしていけたらと思っております。

皆さま、今年も本当にありがとうございました。
来年も、そしてこれからもどうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。

皆さまの幸せを心より願って、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ♪

                          たのしい音楽教室
                             亘理久佳乃

<たのしい音楽教室2012を振り返って>

★みんなで歌った『dance dance dance』(You Tube)
 http://youtu.be/5wnkGbnclZ8

★恒例のりんご狩り(You Tube)
 http://www.youtube.com/embed/X4dbs92m7Zg

★たのしい音楽教室のFacebook公式ページ開設
 http://www.facebook.com/happymusic.jp

★HIKARI WATARI'S GARDEN
 http://hikariwatari.net

★HIKARI WATARI New Album『No Where』リリース(iTunes)
 https://itunes.apple.com/jp/album/no-where/id518106184

2012.12.29 | 音楽のある生活

秋の発表会ライブに向けてグイグイ動いています♪

あっという間に夏が過ぎてゆきましたね。
まだまだ暑い日はあるとはいえ、気がつけばもう9月。
秋がやって来たなぁという感じです。

10日ほど前に岡山県立美術館マルク•シャガール展に出かけてきましたが
播磨道の空にはもうすじ雲やうろこ雲が観られ、
ああ、もう秋なんだなぁとしみじみ思い気づかされたものです。
(ちなみに「うろこ雲」は秋の季語なんですよ、ご存知でしたか?)

さて、今年も毎年11月の土曜日に開かれる(今年は11月17日で決定しております!)
たのしい音楽教室の発表会ライブが刻一刻と近づいています。
今年のコンセプトは
We are guest!!
「ここにいるみんながゲスト(出演者)!」
出演者一人一人にご自分の「今」を語っていただき、
それぞれのスタイルでステージ上で演奏していただきます。

気がつけば「たのしい音楽教室」も8年目。
もうライブは6回目!という方もいらっしゃいます。
そんな時間の流れの中、こちらに見える生徒さんには
初めてお会いしたときから今日までの間に様々なライフワークの変化が起こってきました。

かねての希望で転職された方、スポーツのインストラクターに転身された方、
地方放送の女性アナウンサーに合格された方、デザイナーの卵になられた方、
海外へ留学される決意をされ留学してまた戻って来られた方、
言語聴覚士に合格されリハビリセンターで活躍されている方、
大手レーベル会社に契約された方、学校の先生になられた方、
聖歌隊の指導者になられた方、マンドリン合奏指揮者になられた方、
社会保険労務士に合格され副業をスタートされた方、
講師依頼があり講師業を始められた方、カフェ業の準備に入られた方、
パンを作り始めた方、画家で海外へ旅に出かけられた方、
個展を開いた方、大学ゼミの発表で初めて褒められた方、などなど

これからも、あれもしたい、これもしたい、こうなりたい、ああなりたいで
皆さんの未来は明るいビジョンでいっぱいです。

たくさんの皆さんの栄えある転身を身近に感じられて
私たちは本当に幸せです。
いつも勇気をいただいています。
そんな皆さんのお話を、少しでも多くシェアしながらの
音楽と織り交ぜながらの2012年の発表会ライブ。
準備を進めるとともに、今から待ちきれないほどの楽しみでいっぱいです。

明後日は、会場となる雲州堂さんへ打ち合わせに行ってまいります。
全員で歌い上げる歌のレコーディングも 9月1日からスタートしました。
出演者ひとりひとりもライブに向けてのプロジェクトも始まっているようです。

みんなで心を一つにして、本番の日までの時間を多いに楽しんでまいりましょう!!
よろしくお願いいたします!!!

2012.09.02 | 音楽のある生活

楽器で自分を遊ぼう♪

何か楽器でもやりたいなぁ〜、と思うことが
だれしも一度はあるかもしれません。

ピアノを弾いている人を見て、
あんな風に弾けたら楽しいだろうなぁ、とか
エレキギターのソロステージを見て、
あんな風に弾けたらカッコいいだろうなぁ、とか、
気持ち良さそうに歌っている人を見て、
あんな風に声を響かせたら気持ちがいいだろうなぁ、とか。

楽器を始めるにはまず、楽器を手に入れることから始まります。
そして、その楽器に合わせて手や指、身体が動くように
たゆまぬ努力と練習時間が必要です。

でも、努力したくないとか、練習したくないという人は
もしかして、それほど多くないのではないでしょうか。

なりたい自分に向かって、理想の自分に向かって努力することは
もしかしてとっても楽しいことじゃないでしょうか。

目標に向かって練習している間は、もしかして自分のことを
とっても好きになれるのではないでしょうか。

同じ生きるなら、楽しい時間を過ごしましょう。

なんでもいい、なにか楽器を手に入れてみたい、
自分の思う通りに演奏してみたいという方は
それが、声でも、ピアノでも、ギターでも、ベースでも、ドラムでも、パソコンでも、
思いっきり努力して、練習をとことん楽しんでみてください。

きっと、いつの間にか、最初に掲げた理想の自分や目標よりも
もっと特別なものやコトが見えてくると思います。

踊る阿呆に見る阿呆♪
同じ阿呆なら踊らにゃ、そん、そん♪

じゃないですが、同じところで足踏みをしているだけよりも
一歩踏み出して始めてみることに意義があると思います。

今日もヴォイストレーニングを受けに来られた生徒さんのお一人で、
この方は先日、入られたばかりの女性の方なのですが
こんな風におっしゃって帰っていかれました。

「わたし、もういい歳なんですけど
 こんなに面白いことがあったんですね!」

瞳をキラキラさせて楽しんでいるのを見て、わたしも幸せになりました。

ほんと、自分の身体を使って表現するのって、こんなに面白いんです。

人生、なにか一つくらい、楽器を演奏できるのも乙なものですよ♪

2012.06.03 | 音楽のある生活

歌の練習ってなあに?

教室に通い始めて間もない方で
よくこのようにおっしゃる方がいらっしゃいます。
「すみません、あまり練習してこなかったんです。。」
とても申し訳なさそうに、あるいはこちらに知っておいてほしい
というようなニュアンスでおっしゃるのですが
果たして、その練習とは
そもそも当を得た練習になっているのでしょうか。

かつてわたしもピアノを習っていた頃、
練習をせずに先生のレッスンを受ける日は苦痛で仕方ありませんでした。
弾けば練習していないことがバレてしまうし、
先生にはもちろん怒られるし、レッスンが終わる度に
次は絶対練習して臨むんだ!と心の中で自分を叱咤するのですが
あっという間に次のレッスンの日がやって来て、
また練習をしていない自分を情けなく、やろうと思ったのに
やれていなかった自分を惨めに感じたものです。

たしかにピアノは、まずは指で鍵盤が弾けるようになるために
ピアノの前に座り、楽譜を眺めては正しい指運びで鍵盤を叩くといった運動を
繰り返し練習する必要があります。
これは演奏する前のプロセスで、練習に他なりません。
十本の指でピアノの鍵盤を弾くという運動は、私たち人間にとって
ある種特別な行為、ピアノという発明品に合わせて指を動かすといった
技術的な行為であるといえます。
楽譜を一瞬にして捉え、楽譜通りに指が鍵盤の上を動くようになるまで
長い時間の練習が積み重ねられ、そのうち、
まるでピアノが自分の身体の一部になるといったところまでいって
初めてそれは技術とは言わなくなるような気がします。
ピアノを弾くといった行為がこの段階までくると
この演奏者にとって、練習といった行為は
ただ楽譜通りに鍵盤を弾くことを何度も繰り返すといった行為とは
違うものになってきます。

さて、長くなりましたが、歌の練習とはいったい何でしょう。
わたしが考える歌うという行為は、技術ではありません。
ピアノという楽器を指で弾くという、ある種の特別な行為ではなく
人間が生まれ持った能力であると思うのです。
歌というから特別に聴こえるのかもしれません。
では、こうならどうでしょう。
声を発するという行為、言葉を発するという行為、
泣くという行為、笑うという行為、人と思いを交わすという行為。
声はなんのためにこの世に生まれたのかを思えば
おのずと答えは出てきます。
特別な技術ではない歌うという行為を練習するというのは
少し変な言葉になります。

じゃあ、歌は練習しなくても上手くなるの?
わたしはどうして歌が上手くないの?
と思われた方もいらっしゃるでしょう。
悩んでしまいますよね。

歌が上手になりたい、と強く願っている皆さんに
わたしは心から伝えたいことがあります。
それは、当を得た練習をしていただきたいということです。

ずばり、歌が上手になりたかったら
まず人と思いを交わすという行為、人とのコミュニケーションに
一生懸命になって取り組んでください。
相手と目を合わせて、そして相手の言葉によく耳を傾けて
自分の思いや相手の思いを楽しく交換するのです。

次のレッスンまでにどんなことを練習したらいいですか?
というご質問もよく受けますが、
日常の生活の中で、会話の中で、
相手とより心と心を交流させること、
今までよりも元気に職場で挨拶をすることだったり、
家族に普段感じていることを伝えてみることだったり、
「ありがとう」と素直に言ってみることだったり、
もうそれはそれは色々なところで、色々な場面で練習できます。
これは人とコミュニケーションをするという練習です。

もしかしたら、この時代で今いちばん練習が必要なことかもしれません。

たのしい音楽教室では、音楽をできるだけ実用的に用いています。
相手とのコミュニケーション、そして自分自身とのコミュニケーションに
重きを置いています。

一部の人だけが楽しむものではないことを皆さんと分かち合えるように、
人生の主役は自分だ!という時代がやって来たからこそ、
多いに歌ったり、踊ったりしながら人生を謳歌してほしい、
楽しんでほしい、笑っていてほしい、そう強く思います。

あ〜、久しぶりのブログでまた熱くなっちゃいましたね。
恥ずかしいような。
でも力説しましたのでこのまま載せさせていただきます。

みんなでハッピーに生きましょう!

2012.05.14 | 音楽のある生活

2012年、明けましておめでとうございます!〜箱根駅伝を観ながら

さて、今年も"音楽のある生活"の新しい時間が流れ始めました。
皆さんはこのお正月をどのようにお過ごしでしょうか?

わたしは昨夜、実家のある信州から戻ってまいりました。
信州上伊那の夜は零下6度まで温度が下がり、
よくもこんな寒い土地で生まれ育ったものだと思うと
お腹の底から得体の知れない笑いが込み上げてきます。

わたしの身体はすっかり関西の土地や風、水に慣れたのでしょうか、
信州の花鳥風月、すべてが凍てつくような自然の厳しさを教えてくれます。
また、これも自然の恵みと、毎日の温泉沐浴が冷えた身体を温め、ほぐし
癒してくれる有り難さも感じました。
満天の夜空からは宇宙の神秘と、幼い頃にあった野生性が
また呼び戻されたような気がして嬉しい気持ちにもなりました。

今は住み慣れた土地に戻り、ぬくぬくと温かい部屋の中で
箱根駅伝のクライマックスを観ています。
これが最後になる四年生のランナーたちの表情を見てはもらい泣き、
粘り強く優勝を夢見て一年間走り続けてきたそれぞれのチームワークに
新年の決意を新たにさせられます。

素晴らしい若いランナーたちの走りに触れて、
さてわたしは2012年をどう過ごしましょうかと。

漠然とした思いはあるのですが、やっと落ち着いたお正月を迎えられた今、
これからじっくりと今年一年をどう過ごすか、どう過ごしたいかを
具体的な行動に移せるよう考えたいと思います。

皆さんは2012年をいかがお過ごしになりますでしょうか。
それぞれが楽しみですね。

それでは、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます(^_^)


2012.01.03 | 音楽のある生活

2011年"発表会ライブ"間もなくすぐ

いやぁ、ご無沙汰しておりました(^_^)
お久しぶりです。

今年もやってまいりました秋の恒例企画、
たのしい音楽教室の発表会ライブ in 雲州堂が
来る11月12日(土曜日)にございます。

パフォーマンスされる皆さんのモチベーションも年々高くなってきて、
ここ数年はいつもこの発表会ライブが終わるたびに
よりたくさんの方々に一般公開してご覧になっていただいたら良かったなぁ...
と惜しく思うほど、温かい、素敵なイベントになっております。

そこで急なご案内ではございますが
今年の発表会ライブを一般公開させていただきたいと思います。

日頃、たのしい音楽教室にご興味をお持ちの方や
たまたま目にしてどんなものだろう?と関心を持っていただいた方など
こちらのブログをご覧になって、ぜひ遊びに来てみたい!という方は
どうぞ、ぶらり散歩感覚でお越しくださいませ。

素通りでも、通りすがりでも
きっと、普段出会えない空間に迷い込めると思いますよ(笑)

以下は「たのしい音楽教室発表会ライブ」の概要です。

11月12日(土『5th たのしい音楽教室 発表会ライブ&ランチパーティー』

11時スタート 〜午前の部〜

12時半頃から 〜ランチタイム〜 

13時半頃から 〜午後の部〜

15時半クローズ 予定

★ゲストライブ、主催者Hikari Watariの演奏もあります。

(一般公開で見える皆様にはランチ、ドリンクはご用意しておりませんので
オーダーされる際は直接、雲州堂さんにご注文、お支払いくださいませ)

さあ、今年もたのしい発表会ライブにいたしましょう!
どうぞよろしくお願いいたします♪

2011.10.31 | 音楽のある生活

たのしい音楽教室のコンピレーションアルバム

さて、今年初めてのプチ企画、
たのしい音楽教室のコンピレーションアルバムが
制作に入っております。

仰々しいものではなく、あくまで皆さんおひとりおひとりが
常日頃レッスンしている最中にレコーディングしてきた
テイクの中から一曲ずつ持ち寄って作られるものです。

もちろん、非売品の教室内での発表用作品となります。
それでも、半永久的に皆さんの手元に
「たのしい音楽教室みんなで作ったコンピレーションアルバム vol.1」
として残り、受け継がれてゆくわけです。

今回は、初めての企画でどうなるかわからないにも関わらず
たくさんの方が参加してくださいました。
現在のところ、二枚組にはなりそうです。

ほとんどの方が、いちばん新しいレコーディングテイクを選ばれました。
すばらしいっ!!!

そうです、いちばん新しい自分の歌が、
いちばん成長した自分であるということを
皆さん、よーくわかっていらっしゃいます。

毎回毎回のレッスンで、だれかに伝えようという気持ちと
今日の自己ベストを表現しようという新鮮な気持ちを
しっかりと持って臨んでいらっしゃるからこそだと思います。

皆さんには、こうした小さな成功体験をたくさん積んでいただき
歌から音楽へと、音楽から人生へと
豊かな心ある生活を送っていただきたいと
たのしい音楽教室スタッフ一同、心より応援させていただきます。

また秋には秋で、恒例の発表会ライブ'5thも
もちろん企画しております。
個性溢れる皆さんと一緒に
表現する楽しみと喜びを分かち合えることを
心より嬉しく思っております。

どうぞお楽しみに♪♪♪

2011.05.05 | 音楽のある生活

こんなときだからこそ、情熱を持って

Hikari new true0211.jpg
True Independence - Hikari Watari
True Independence - Hikari Watari

ほんとうの自由って何だろう?
心に生まれた問いについて考え、思い、紡いだアルバムです。

実は、このアルバムは、2011年3月11日にWorld Releaseされていました。
しばらく告知は控えていましたが、今こんなときだからこそ
情熱を持ってやれることを表現したいし、表現をたのしんでいる皆さんと
出会いたいと強く思いました。

このアルバムは、2009年11月にCDとして一度完成したものですが、
iTunes用にミックス、マスタリングをリメイクしました。
制作しているときは、自分でこしらえた後で思えばとるに足らないプレッシャーや
良いものを作りたいという欲で潰されそうになるのですが
やっぱり、どんな楽曲でも、作っておいてよかった、
産んで手放してよかった、そういつも感じさせてくれます。

表現し続けていくことで、ポジティブに自分を省みさせてくれるのです。
特に、わたし個人にとってこのアルバムは
"冬"を感じさせてくれる時間であったと思っています。

時間を短く感じたり、長く感じたり、あるいは静止しているように感じたり
できるアルバムになっています。
どうぞ、みなさんの時間の在り方、過ごし方をいろいろと楽しみながら
感じながら聴いていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。

こんなときだからこそ、情熱を持って、ワクワクした気持ちで
みなさんとつながっていきたいです。
伸び伸びと表現する人、自分を思いきり楽しんでいる人と
心からつながっていきたいです。

2011.04.24 | 音楽のある生活

おかげさまで、発表会ライブが無事、感動のまま幕を閉じました。

2010年11月6日土曜日、大阪市北区雲州堂にて
おかげさまで、第4回「たのしい音楽教室の発表会ライブ」が無事、
感動のまま幕を閉じました。

ご出演された皆さん、応援にお越しになられた皆さん、
感動をご一緒に分かち合った皆さん、そして雲州堂のスタッフの皆さんや
たのしい音楽教室のスタッフの皆さん、
こんなに素敵な発表会ライブをご一緒に創り上げてくださって
ほんとうにありがとうございました!!

たのしい音楽教室のあゆみが垣間みられるショートフィルムから開幕し、
子供たちの発表が始まったところから会場内は一気に温かくなりました。
集まった皆さんの心がひとつに響き合って、震え合って、喜び合う瞬間を
目の当たりにすることができ、まるで夢のようでした。

夢のような時間が終わってからも、皆さんで創り上げた魔法は
皆さんおひとりおひとりが大切に持ち帰られたようで、
その日の夜も、次の日の朝も、たくさんの方から感動のお言葉や
ご連絡をいただきました。

皆さんおひとりおひとりにそのいただいたお言葉をご紹介したいくらい、
それは素晴らしい感動のお言葉です。

なかでも共通していただいたのが、

「こんなにひとりひとりが心の込もった歌を歌う発表会は見たことがない」

嬉しいではありませんか!
わたしもステージの袖で、聴いてくださる皆さんを前にして
一生懸命に、楽しみながら、心開いて歌われる皆さんの歌に触れ
何度となく涙を堪えました。
涙って、悲しいときばかりに溢れるのではないことを
また今日も感じられた...、そうまた思い出すだけで胸がいっぱいになります。

何度となく申し上げている、
子供たちには、一生懸命に、楽しんで、人生を送っている大人に
出会っていってもらいたいという、たのしい音楽教室の理念が
皆さんのおかげで実現しています。

歌詞を間違えて顔を歪めたり、やっちゃった、と舌を出したり、
やるぞー!という強い意思を見せたり、照れ笑いや恥ずかしさを
惜しげもなくさらけ出したり。
想いを声に乗せて解放したり、だれにでもなく何かに感謝したり、
だれにともなく懺悔したり、生きてるっていう様々な表情を
この日も皆さんは見せてくださいました。

はぁー、ほんとうに素敵だった。

エネルギーをいっぱい、いっぱいいただきました。

心からの感謝と心からの愛を皆さんに贈ります。
ほんとうにお疲れさまでした。
ほんとうにありがとうございました。

これからも見えないけれど温かい空気で繋がる私たちを
心から楽しんでまいりましょう。
来年も楽しみにいたしましょう。
まだステージに上がられていない方も、どうぞその気になったら
いつでもステージへお越しくださいませ。
もちろん、足を運ばれるだけでご一緒に温かい空気を創り上げることができます。
どうぞ、今後とも皆さん末永く繋がってまいりましょう。
よろしくお願いいたします。


さて、話は変わり、11月11日の今日、
別名ポッキーの日ですが、お知らせがございます。

ポッキーといえば、チョコが厚くなったものや
スナック自体が太くなったもの、いろいろが出てまいりましたが
この間、定番の、細くてポキっと音がするポッキーをいただきましたら、
やっぱりポッキーは細いのが美味しい!と思いました^^

はて、ちょっと脱線しましたが、お知らせです。


本日、アップルiTunes music storeにて
HIKARI WATARI 「天上の詩」がリリースされました!!

わたし自身が待望した新曲3曲を発表いたしました。
現在もこの3曲に繋がる素敵な新曲をレコーディング中です。

このままコンスタントに良い楽曲が発表できるようがんばってまいりますので、
今後ともどうぞ温かいご声援をよろしくお願いいたします。

iTunes music store以外にも、Hikari Watari Official Websiteにて
楽曲の試聴や歌詞の掲載、My spaceでの発表なども楽しんでいただけるようになっています。

皆さんと繋がってゆけるような環境もだんだんと整えてまいります。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

2010.11.11 | 音楽のある生活

今年ももうすぐ発表会♪

今日も朝から元気な歌声が聴けて幸せな気分です。

五歳からこの「たのしい音楽教室」に通われている
小学2年生の女の子とそのお父さんのデュオで
スタジオ内は一気に春に逆戻りしたかのようなほんわかぶり。

「もっともっと上手に歌いたい」と意気込む女の子に
「やっぱり、楽しいですね」とピアノの前で肩を撫で下ろすお父さん。

発表会までしばらくはお二人でご自宅でも練習されるのでしょう。
親子で音楽が奏でられる家庭って、ほんとうに素敵ですよね。
私もいつかそんなことができたらと思うと心が温かくなります。

今年の発表会も小学一年生の男の子から70代のマダムまでご出演されます。
発表会と聴くと皆さん緊張される方も多いですが
忘れないでくださいね、上手に歌おうとしなくていいのです。
楽しく、一生懸命に演奏されている姿に私たちは感動するのですから。

たのしい音楽教室は、音楽教室にはめずらしく
生徒さんは大人の方がほとんどを占めています。
大人の方といっても、精神年齢が若く
その方がいらっしゃるだけで周りを輝かせることができる方ばかりです。

私たちは心から願います。
この世の中を「人生を心から楽しんでいる大人」で溢れさせたい。
子供たちはそうした大人にたくさん触れ合いたいはずです。

雨の日も、風の日も、猛暑の夏日も、寒々とした日にも
レッスンにお越しになる皆さんに
心からのありがとうございます♪をお伝えしたいです。

2010.09.19 | 音楽のある生活

雨の日の音楽

SN3B0206.jpg今日は朝から雨が降っています。
自宅から教室までの車の中、坂本龍一氏のアルバム"out of noise"を聴いてきました。
雨の朝によく似合いました。

写真は母が買ってきてくれたバラです。
自宅の玄関に迎えたばかりのときは気品のある細い蕾ばかりでしたが、皆さんの温度が伝わる教室の中に置いて一日、あっという間に開きだしました。
しばらく私たちの心を美しい色と形で和ませてくれそうです。
花のエネルギーはほんとうに素晴らしいものですね。
歌にも花を題材にした詩が多くありますが
それだけたくさんの人の心に寄り添ってくれる存在だからでしょう。

今日も日本の中の兵庫県尼崎市の次屋2丁目の一角にある
たのしい音楽教室という小さな場所で
皆さんの奏でるピアノや声の音色が優しく響いていきます。

ちなみに南アフリカではブブゼラが響き渡っていますね(笑)。
音は人を癒したり、鼓舞したり、熱狂させたりします。
面白いですね。

2010.06.13 | 音楽のある生活

春は出会いと別れの季節〜桜〜

皆さんは最近、"出会い"と"別れ"を経験されていますか?

「ねぇ、最近、"出会い"と"別れ"を経験してる?」
なんて急に尋ねられても、困るかもしれませんよね 笑

それは恋愛だったり、学校生活の始まりや終わりだったり。
だからこの時期、「桜」という名のつく歌が
たくさん作られ、歌われるのでしょう。

今朝、自宅をいつも通り出ますと
まっすぐの車道を走りながら、桜が満開に咲いているのに気づきました。
そういえば、昨日の夜も通ったどこかの道に
満開に咲いた桜の下で、お花見をしている恋人たちや、家族を見たっけ•••。
たしかに昨日はとても温かい一日でしたね。
咲こうとしていた桜が、名残り雪で一気に蕾を堅くしたかと思えば
こうして温かくなれば、本来の柔らかさを取り戻し
また一気に春が流れ込んできました。

今年の桜は私の目にはなんだかとても寂しく見えて
これは桜が今年、寂しく咲いているわけではなく、
私の目に寂しく映るということに気がつくと
はて、なんでだろう?この気持ちは•••と思う訳です。
もしかして、"出会い"と"別れ"の季節を
今年はより一層感じているんじゃないかしら??と
ある一定方向の思考に高揚してくる私です 笑

音楽では、こういったことが当たり前に起きます。
同じ音楽を聴いているのに、リズムのとり方によって違う音楽に聴こえたり。
同じように歌っているのに、昨日と今日ではニュアンスが違ったり。
ということは、日常生活でもそういったことが起きるのは
しごく自然のことですよね。

では、最初の質問に戻りますと
"出会い"と"別れ"を感じやすくなっているときの桜の佇まいと
"出会い"と"別れ"を特に感じないというときの桜の佇まいとは
やはり違うように見えるし、感じられるということですよね。

なんだか理屈っぽい文章になってきてしまっていますが^^;
私が言いたいのは、なんだか自分は「この春センチメンタルだ!」
ということです 笑
いい年になってセンチメンタルになれるのはありがたいことですね。
〜♪センチメンタル•ジャーニー♪〜なんて歌があるくらいですから 笑

つい昨日も切ないお別れがありました。
価値観の違いで私生活まで変えてきた経験がありますので
"出会い"と"別れ"というのは、恋愛や卒業だけではないことを知っています。

皆さんも、日頃感じる"出会い"や"別れ"に
心を震わされることがあるでしょう。
この忙しない社会では、桜の花が咲く季節だけが
出会いや別れの時期ではなくなってまいりました。
そういった意味で、学校では桜が咲くこの時期に
入学式や卒業式が昔と変わらず執り行われていることに一種の癒しを感じます。
お父さんもお母さんも、子供たちと一緒に
同じ感傷に浸れる繋がりのようなものですからね。

みんなで感じられる"出会い"と"別れ"もあれば、
ひとりで感じる"出会い"と"別れ"もある。

ああ、センチメンタルな春ですね〜笑♪

2010.04.05 | 音楽のある生活

贅沢な遊び〜フクダスタジオ編〜

0302.jpg今日は楽しみにしていたピアノのレコーディング。
朝食をいただいてゆっくり家族と話をしたら
さて堺へ出発です。
私たちの音楽ライフに欠かせないプロデューサー、
間所義和氏のいるフクダスタジオへ車を走らせます。
昨年11月にライブをしてから三ヶ月。
音源のやりとりはしていたものの、間所さんに会うのは久しぶりで二人とも軽くテンションが上がります。
さて、今日も間所さんの法話を聴いて癒されよう(笑)。

時間通りにスタジオに到着すると、間所さんペースでゆっくりと
確実にセッティングが組まれてゆきます。
我らがピアノマン亘理は、間所さんに「弾いてていいよ」と声がかけられると
まるで駆け回るのを許された礼儀正しい子犬のようにピアノに飛びついていきます。
こういうときは私のこともお構いなしです(笑)。
でも、すぐには鍵盤に触らないのですよね。
そこに静かに佇むピアノをまずゆっくりと眺めると
「今日はよろしくお願いいたします」と第一印象を良くしているようです。
こんなところでも人見知りするから、見ていて楽しいです(笑)。

100302.jpgひと通りお目通りがかなうと鍵盤に指を添え始めました。
仲良くなるのには少し時間がかかるみたいですね。
間所さんも「レコーディングする前日に2〜3時間弾くといいかもね」
とアドバイスくださいました。
レコーディングしている時間だけではなくて
そのための準備としてピアノを弾く時間を過ごすというのは、とても贅沢な時間。
こういう時間の過ごし方を知れば知るほど
音楽をやっていて良かった、と満たされた気持ちになります。

さて、セッティングが終わるとレコーディングです。
まだ慣れていない感触に戸惑いながらも
深みのあるピアノの音色に身を委ねます。
やっぱり、生音はいいですね。
私はスタジオの中でずっと耳を澄ませて聴いていたのですが、このまま眠ってしまえそうです。
ピアノをひと通り録り終えると、最後に弾き語りを録音してみました。
私と相性の良いマイク、Red Type Bを間所さんがセッティングしてくれます。
何も言わなくてももう分かってくれていることが
何よりもの愛情で、嬉しいですね。
カフェで何も注文しなくてもいつものメニューが出てくるようなものです。
ピアノの音色を聴きながら歌う空間は、至極のとき。
気持ちよく歌わせてくれました。
もう一度言わせてください(笑)、やっぱり、生音はいいですね。

音源を焼いてもらっている間は、間所さんの法話(笑)と
これからどうやって音作りをしていくかの確認です。
3月中にスケジュールを立てて、またご飯でも食べながら打ち合わせをしよう、
ということで今日はクローズしました。

ほんとうに楽しかった♪
また明日から、たのしい音楽教室の皆さんや、普段触れ合える皆さんと
音楽を楽しむ時間や空間、この贅沢な感覚を共有できそうです。
私たちの"贅沢な遊び"はこれからも続きます。

2010.03.02 | 音楽のある生活

現在(いま)を大切に、大切に

SN3B0144_0001.jpg今、たのしい音楽教室の玄関先に
チューリップが6球、花を咲かせています。
足下にももうひと鉢、
7球の花を咲かせてくれています。
まるでチューリップの花束がふたつ、
教室にお越しになる皆さんを
迎えてくれているようです。

さっき私が撮った写真よりも
今私が覗いたときの花のほうが
より膨らんで開いてきました。
太陽が空高く昇るのと同時に
花びらも大きく開いてゆくのですね。
そして、また夕方になると
大きな花びらが少しずつ閉じてゆきます。
そんな花たちの静かな一日を眺めていると
とても穏やかな幸せな気持ちになります。

>>続きを読む

2010.02.13 | 音楽のある生活

モザイクアーティスト ナホミオカダさんをご紹介します。

今日嬉しいニュースが届きました!
それは4年前、東京のある起業セミナーで出会った
同志からの作品展のお知らせです。

下記にご紹介したいと思います。

東京•中野 ナホミオカダ造形表現研究所
第二回 モザイク作品展
〜古代地中海の創造力に触発されて〜

会期/
2月20日(土)11:00ー19:00
2月21日(日)11:00ー17:00

会場/
京都万華鏡ミュージアム綾小路館 ギャラリー

懐かしい友人からのハガキには
「お久しぶりです。マイペース、マイペースに関西デビューします!」
と書いてあり、ナホミンさんらしいなぁ♪と
思わず頬が緩みました。
当たのしい音楽教室でもフライヤーを置いて宣伝中です(笑)

とにかく嬉しいのは
企業精神と芸術への情熱を兼ね備えた友人が存在してくれていること。
こうしてマイペースに、自分の信ずる道を
元気にその人らしく、歩んでいてくれることに
勇気や愛、励ましや感謝など、なんともいえない喜びを感じます。

ナホミンさん。
ほんとうに、関西デビュー
おめでとうございます!!

私もレッスンの合間をぬってかけつける予定でおります。
どんどん素敵な人に出会って、全身にエネルギー浴びてきます。

みんなのエネルギーは私のエネルギー♪
私のエネルギーはみんなのエネルギー♪ なんつって(笑)

調子に乗りましたm(__*)m

モザイクアーティスト ナホミオカダさんのHPはこちら↓

東京•中野 ナホミオカダ造形表現研究所

京都を散策がてら、よろしければどうぞ
お出かけくださいませ。

2010.02.01 | 音楽のある生活

A Happy Music Year!!

明けましておめでとうございます!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします(^_^)

昨日まで年末年始のお休みをいただいておりました。
今日が仕事初めでございます。

遅ればせながらも皆さん、
昨年は本当にありがとうございました。
皆さんのおかげでたくさんの「たのしい♪」が創造できて
かけがえのない一年を過ごすことができました。
今年も皆さんとたくさんの「たのしい♪」を創造すべく
私たちも成長してまいります。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします!!

2010.01.05 | 音楽のある生活

本日は誠にありがとうございました。

「たのしい音楽教室3rd発表会ライブ」が無事終了いたしました。
出演者の皆さん、ゲストの皆さん、
そして、イベントをサポートしてくださった皆さん、
今日一日だけの素敵な音楽空間をご一緒に体感できたこと、
心より感謝申し上げます。

ライブハウスを後にする皆さんの
「楽しかった!」という笑顔に心底癒されました。
ステージを終えられた皆さんからは新しい瞳の輝きが見られ、
内側から滲み出る充実感のようなものを感じました。
また一歩、こうして私たちは成長するのですね。

何かに一生懸命になることは
こんなに素晴らしく、かけがえのないものなのだということを
あらためて皆さんに教えていただきました。
こうしてブログを書いている今も、私の顔は笑顔でほころんできます。

また明日から皆さんそれぞれの日々が始まりますね。
今日の楽しかった時間を胸に
また楽しい時間をいつかご一緒に過ごせることを待ちわびながら
今日の日を閉じたいと思います。

今日もどうか良い夢を。
心からの愛をこめて。

追伸 私事ですが、明日から家族水入らずで一泊旅行に出かけさせていただきます。
    明後日から通常通りスタートするレッスンで、お待ちしております。
    どうぞ、よろしくお願いいたします♪

2009.11.07 | 音楽のある生活

いよいよ明日が発表会ライブです♪

さて、いよいよ明日となりました!
出演者の皆さんはそれぞれ
今をどのようにお過ごしになっているのでしょうか?

私はもう、ドキドキした不安も
ワクワクした興奮も過ぎ去り
あとは明日に何が起きるのかを楽しみにしながら
今日は早めにベッドに入りたいと思います。

皆さんも今夜はどうぞ、ゆっくりとお休みになられて
素敵な夢を見てください。

一足先に会場でお待ちしております♪
さあ、皆さんで明日だけの音楽空間を創り上げましょう!

2009.11.06 | 音楽のある生活

「たのしい音楽教室」ライブ、カウントダウン始まりました♪

いよいよ2週間をきりました!
11月7日(土)の発表会ライブが迫ってまいります。

今回のたのしい音楽教室の発表会ライブは
オープンライブ(どなたでもご覧いただけるライブ)となっております。
もうすでに前売り券が定員の80%を超えておりますが
日頃当ホームページをご覧いただいている皆様で
ご興味のある方はぜひ、どなたでも遊びにいらしてくださいませ(^_^)
たのしい音楽教室の生徒一同(私たちスタッフも生徒の一員です)お待ちしております♪

イベントの詳細は以下のとおりです。

イベント名
たのしい音楽教室3rd発表会ライブ&亘理久佳乃レコ発ライブ

日程/11月7日(土)

OPEN 13:30~
START 14:00~

チケット/1500円(別途ドリンク代500円)

場所/ライブハウス「メイデンヴォエッジ」(阪急六甲駅下車すぐ)

内容予定

14:00~生徒さんたちの発表
(プロ志向の方から趣味が高じてという方まで26組の皆さんが出演します)

17:00~亘理久佳乃ライブ
(ソロアルバムのリリースを記念して日頃の感謝を込めたライブになります)

18:00頃の終了予定

PS ライブの途中でジャンケンゲームを開催します。
   賞品は「たのしい音楽教室」がオーナーの
   「信州りんご」をひと箱、現地直送いたします!
以上

2009.10.26 | 音楽のある生活

音源完成♪

今日はフクダスタジオ(通称フクスタ)へ。
"亘理久佳乃"にとって、ソロデビューアルバムとなる音源の最終過程
マスタリング作業を行うためです。
私のマスターであり、今作品のプロデューサーである
間所さんの答え(音)に音圧がかかってゆきます。
それぞれの楽曲たちがバランスを整えながら独特の間を譲り合い
ひとつの大きな流れ(ストーリー)と成っていくその過程を堪能してきました。

一生に一度の至上の時間。
この瞬間を味わうために、これからもたくさんの作品を作っていこうと
あらためて自分の意志を掻き立てるのです。

SN3B0110.jpg

>>続きを読む

2009.09.29 | 音楽のある生活

好き♪好き♪好き♪

今日もMacでブログを書き書き
ゴキゲンな音楽を聴きながら。
身体は自然とRHYTHMに乗って
SUPERBALLのように弾んで。

レッスンの合間は音楽を観たり聴いたりするばかり。
だって、だって、こんなに大好き♪

(RAP風にどうぞ 笑)

>>続きを読む

2009.09.21 | 音楽のある生活

光ト影

先日の休みに京都府京都文化博物館へ出かけてまいりました。
影絵作家、藤城清治さんの「光と影の世界展」を見るためです。

小さい頃からNHKの「みんなのうた」や
どこかしらいつも家の片隅に置いてあった「暮しの手帖」など
いつの間にか藤城さんの絵には慣れ親しんでいました。

藤城さんの作品をたくさん眺めていて
私なりに思ったことがありました。
それは、影絵作家とは
後で光を当てることを前提に影を描く人なのだ、と。

>>続きを読む

2009.09.20 | 音楽のある生活

ビバ!!はむつんサーブ!!

最近ビビっとくるアーティストに出会えていないなぁ・・
とiTuneをめくっていると

むむむむっっ!!これはきたっ!!

プレビューを見て即買いました。
はむつんサーブさん。
しかも邦人アーティストです。

個人的にはバンドスタイルよりも
ダンススタイルの「暗黒乱舞」がお気に入りです。
ダンス・ダンス・マトリックスとでもいいましょうか。
トリッキーな身体の動きと大和的音楽が実にアーティスティックです。

>>続きを読む

2009.08.29 | 音楽のある生活

いよいよ今日は本番だ♪

今日は大阪YMCA10階ホールにて
クラスのみんなのパフォーマンスが行われます。
今までの練習の成果を存分に発揮するとき。
昨夜はなんだか、緊張とワクワクで眠れませんでした。
まるで、自分のライブ前夜のような感覚です。

4月から授業を受け持たせていただいて、早3ヶ月でここまで来ました。
思えばすごいスピードですね。

>>続きを読む

2009.07.22 | 音楽のある生活

発表会ライブ2009の日程が決まりました♪

音楽教室の玄関口に
今日はハイビスカスが二つ咲きました。
蕾もたくさん生えてきているので
この夏も私たちの目を情熱的に
そして、優しく楽しませてくれそうです。

さて、たのしい音楽教室恒例のライブスタイルな発表会の日程が決まりました!

来る11月7日(土)、
場所は神戸市灘区にあります
ライブハウス「Maiden Voyage」で行います。

詳細はおって皆さんにご連絡させていただきますので
日程をおさえておいてくださいね♪

Maidenさんとのご縁は今から7~8年ほど遡ります。
私がまだファンクバンドでリードヴォーカルをしていたときに(笑)
メインキャストのバンドさんとコラボレーションさせていただいたことがございました。
それから数年後には長野の地元にあるライブハウスで
Maidenのオーナーさんと共演させていただいたりと
またこうしてつながっているご縁が濃くなるんだなぁ。。と感慨深く思っております。

さて、今年のライブスタイルな発表会は
どんな発表会になるのでしょうか。
今から楽しみです^_^

皆さん、よろしくお願いいたしま~す!

2009.07.15 | 音楽のある生活

たのしい音楽教室が"りんごの木"のオーナーになりました♪

ゴールデンウィークに入りましたね。
みなさんはどのような休暇を過ごしていらっしゃいますでしょうか?

晴れていても、曇っていても、雨が降っていても
美しい季節がこの五月ではないでしょうか。
新緑が自ら映える様子は、信州の光善寺というお寺で私が幼いころによく見た
光苔(ひかりごけ)を思い出させます。

さて、先日もこちらのブログで「たのしい音楽教室」が
4周年を迎えたとご報告させていただきました。

>>続きを読む

2009.04.27 | 音楽のある生活

ウィーンの静物画に触れて

先日兵庫県立美術館に出かけてきました。
ちょうどウィーンの静物画が展示されていて
来年オーストリアに出かけようと思っている私にとって
とても良いタイミングをつかんだと嬉しい気持ちになりました。

ふと何かに心をつかまれたとき、
このようにそこに続く扉がばたん、ばたんと開いていくようなことは
私たちの日常の中でそれほど珍しいことではないのでしょうね。

ただ気がつかないまま、そこを過ぎるか
ただ気がついてそこを通るかだけの違いのように思えます。

>>続きを読む

2009.03.23 | 音楽のある生活

木は情報を記憶するという素敵なお話

gajumaru.JPG
寒い冬が過ぎ、春になろうとしていますね。
自宅のある三田には、庭に梅の木を植えている家が多く
赤や白、ピンクといったいろとりどりの花を楽しむことができます。
どこかへ出かけなくても、近所を歩いて軒先を覗けば
季節の木や花を愛でることができるというのはとても嬉しいことです。

自宅の庭にも何度も引越しして根付いた梅の木が一本あります。
母があそこからあそこ、あそこからそしてあそこ・・と
その梅の木の引越し暦を教えてくれました。
こうして今、その梅の木にいじらしく咲いた花に出会えるのは
いつまでもその木と一緒に引越ししてきた家族があるからなのだなぁ。。と微笑ましく、そして誇らしくその話を聴いていました。

そうそう、今日のお話はガジュマルの木でした。

>>続きを読む

2009.03.19 | 音楽のある生活

レコーディングに夢中♪

レッスンの合間、休日をねらっては
レコーディングの日々です。
アルバムをどうしても完成させたい!!
今年は絶対完成させます。

やっぱり、締め切りって大事なんですよね。
だれにも締め切られなくても
自分の中で締め切りをつくれば
そのときの全力って出るものです。

>>続きを読む

2009.02.01 | 音楽のある生活

大阪YMCA国際専門学校の皆さん、ありがとうございました♪♪

今日は大阪教会にてのクリスマス礼拝の日。
いよいよ本番とあって、皆さんも少し緊張気味でしたね。

でも、素晴らしい歌声、ステージングを見せてくれました♪
ほんとうにありがとうございました!!

今までお昼休みを返上して練習をしてきてくださった皆さん、
そんな皆さんの練習と合唱をサポートしてくださった先生方に
心から感謝申し上げます。

>>続きを読む

2008.12.10 | 音楽のある生活

さて、いよいよ明日が本番です♪

10月から大阪YMCA国際専門学校の学生さんたちと
クリスマス礼拝に向けて聖歌の練習をしてきました。

いよいよ明日がそのクリスマス礼拝です。

お昼休みを使用しての練習時間に
ソプラノ、アルト、ベースに分かれたハーモニーの暗譜。
10回の合同練習でどこまでいけるかとずっとドキドキしていましたが
回を重ねるごとに元気な笑顔とやる気を見せてくれた皆さんに励まされました。

>>続きを読む

2008.12.09 | 音楽のある生活

フクダスタジオに行ってきました。

SN3B0051_0001.jpgSN3B0050_0001.jpg
今日はオフ日。
朝からいつもの整体へ出かけ、
午後から堺市にあるフクダスタジオへ出かけてきました。

今作っているアルバムの指針となる曲が
やっとできたような気がして
間所さん(私の音楽の恩師)にMixしてもらいながら
いろいろとレクチャーを受けてきました。

>>続きを読む

2008.11.25 | 音楽のある生活

ひきこもっていました(笑)

珍しくブログを書かない自分を許していました(笑)
自室から出ないのがひきこもりなら、
一見社交的に動いているように見えても
自分の殻に閉じこもっている人も
一種の隠れひきこもりではないかと・・・
つまり、ここ最近の私です(笑)

ブログを書く、ネットと繋がる、チャットをする、
これも人と相対しようと思わなければなかなかできないことですよね。
アメリカのデータによれば、よくネットを利用する人は
日常生活でも社交的で精力的に人と会う人が多いようです。
日本とは少し違うのかな・・・?

>>続きを読む

2008.11.20 | 音楽のある生活

バラの咲く音楽教室

SN3B0044_0001.JPGSN3B0041_0001.jpg今日はお昼過ぎからのレッスンだったので
ゆっくり自宅で朝食をいただいた後、井上バラ園へ。

自宅から車を走らせ、しばらくドライブすると
田園の中にオレンジの三角屋根。
周りはバラのハウスが立ち並び、
まるでここは宮崎駿さんの「耳をすませば」の世界です。
私たちはこの風景がとても好きで
自宅からほど近くにこんなに素敵なバラ園があったなんて、と喜んでいます。

>>続きを読む

2008.11.14 | 音楽のある生活

オバマ新大統領誕生

今日はレッスンが休みということもあって、朝からずっと
BSテレビでアメリカ大統領選挙の行方を見守っていました。

マケイン上院議員の敗北宣言、
そして、オバマ新大統領の勝利宣言と見守っていくうちに
ちょっとした謎かけが思い浮かんできましたのでここでひとつ(笑)

オバマ新大統領とかけまして

ブラック・ミュージックととく

そのこころは・・・

ノリがいい♪

お粗末さまでした(_ _*)

2008.11.05 | 音楽のある生活

過去の自分に救われた日

昨日は私にとって、とても特別な日でした。
以前ある方が私の所属するユニットsong of colorsのライブを観てひと言、
vashti bunyanに似ていますよね、とおっしゃったのです。
恥ずかしながら、どのような方が存じ上げなかったのですが
今日ふと聴きたくなり、iTuneにアルバムを求め聴いてみました。
するとそこには懐かしくなる空気に包まれた
優しくて儚い彼女の歌声がありました。
恐れ多くも、ああ・・・song of colorsで表現しようとしていたことがここにある・・・
と感じ、ほんとうに久しぶりにsong of colorsのアルバムを手に取りました。

>>続きを読む

2008.11.03 | 音楽のある生活

自分の中の子供を呼び覚まそう♪

昨日いつもどおり、歌を歌いに来てくれた5歳の女の子の生徒さん。
発表会では、いつものレッスン以上の力を発揮してくれました。
歌ったのは「崖の上のポニョ」。
伴奏はお父さん。
親子のユニットで、発表会を迎えるまで
一生懸命練習してくれました。

自分のために歌う。
伴奏してくれるお父さんのために歌う。
温かく見守ってくれるお母さんのために歌う。
やんちゃでかわいい弟さんのために歌う。
そして、発表会に来てくださるみんなのために歌う。

>>続きを読む

2008.10.24 | 音楽のある生活

たくさんの「ありがとう」とともに無事発表会を終えました。

先週土曜日、18日の発表会を無事に終え、
4日間のお休みをいただいておりました。
今日から通常通りのレッスンが始まっておりますが、
皆さんからの「楽しかった♪」「感動した☆」「緊張した~!!」の
たくさんの声をいただきながら
喜びと達成感をご一緒に味わっております。

発表会にご参加くださった皆さま、雲州堂の皆さま、
当日協力してくださったスタッフの皆さん、父と母、
そして、ゲスト・ライヴパフォーマンスしてくださったすのうさん
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました!!

>>続きを読む

2008.10.23 | 音楽のある生活

いよいよ明日が発表会

いよいよ明日となりました。
日頃のレッスンに、準備に、発表曲の練習にと
朝から夜まで精力的に動いてきました。
ブログを書いている今も、
まだ何かやり残していることはないかとチェックしています。
何ごとも「備えよ、常に」の気持ちが大切ですね。

皆さんで創り上げる発表会、
いよいよ明日です!
どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m!!

2008.10.17 | 音楽のある生活

いよいよ今週末が発表会

いよいよ今週土曜日が発表会とあって
朝から夜まで通常のレッスンと発表会の準備で
なかなか慌ただしい毎日です。

さすがに休日の今日は朝からいつもの整体に出かけ、
心身バランスのメンテナンス後はぐっすり...。
夕方まで目が覚めませんでした(笑)

>>続きを読む

2008.10.14 | 音楽のある生活

ヒューマンパワーの在り処

SN3B0033_0001.jpg
ときにして人はすごい力を発揮する。
これを火事場の馬鹿力といいますが、
今夜は「火事場ではない馬鹿力」を目の当たりにしてきました。

どうして人はこんなにも何かのために歌えるのか?
叫べるのか?
ギターを掻き鳴らせるのか?

とにかく感動してまいりました。

>>続きを読む

2008.10.11 | 音楽のある生活

大阪にて、授業第一日目

今日は大阪YMCA国際専門学校に行ってまいりました。
今日からクリマス礼拝に向け、
聖歌隊の皆さんとご一緒に歌を練習してまいります。

学校で歌を指導させていただくのも、
聖歌の練習も、何もかも初めてですが、
やっぱり、音楽はなにごとにも共通するということで
不思議と緊張もなく、ただワクワクとした気持ちで出かけてまいりました。

>>続きを読む

2008.10.09 | 音楽のある生活

大阪でクワイアを指導させていただくことになりました。

来週から大阪YMCA国際専門学校にて
クワイアの皆さんの指導をさせていただくことになっています。
私にとっては初めての経験。
今からとてもドキドキしておりますが、
不思議と不安はございません。
これも、最初にお声がけいただいた先生のおかげと
感謝しております。
自分自身にとっても、とても良い機会を与えられたと思って
胸が弾む思いで日々を過ごしています。

>>続きを読む

2008.10.01 | 音楽のある生活

あえて制限を持つ

今、ラブソングを作っています。
1曲は星の王子さまを思って。
もう1曲は結婚する二人のためのワルツです。
どちらも5分以内という制限があります。
初めは作ったばかりのデモが5分を越えていて
この楽曲はこの長さがベストなのに・・・などと思っていましたが
この「5分以内に」という制限が意外な効果をもたらせてくれています。

>>続きを読む

2008.09.20 | 音楽のある生活

詩を書き溜めておく

今日は3年以上も前に書き溜めていた
歌詞の紙の山を久しぶりに手にして
ああ、尖がっていていいなぁ・・・と自分ながらに(笑)
尖がってて、乾いてて、欲していて、
とってもハングリーな精神がそこにはあります。

>>続きを読む

2008.09.12 | 音楽のある生活

秋は音楽が染み入る季節

芸術の秋とはよくいいますが、
ほんとうにそのとおりですね。
もうすっかり秋の気配が漂えば、
活動的な夏の雰囲気から
ふと時間が止まったような気になります。
そして、やたらと音楽が心に染み入るなぁ・・・と。
自分が幾つも歳をとったんじゃないかと思うくらい(笑)

>>続きを読む

2008.09.07 | 音楽のある生活

ミュージカルに出演&体感したい方へ

今日ほんとうに久しぶりに会った友人から
こんなのをやっています、と紹介された集まりがあります。
一年に一度、ミュージカル経験初めての人
100人が集まって期間限定でステージを創り上げ、公演を行うというものです。
その名もミュージカル「ア・コモン・ビートコモンビート共育プログラム)。

>>続きを読む

2008.08.29 | 音楽のある生活

大切な人たちとの時間

今日は長い一日でした。
朝から夕方までしっかりレッスンをさせていただいた後、
会いたい人たちとの時間を堪能しました。
自宅に着いたのが夜の12時をとうに過ぎて
身体は疲れているのを感じるのですが
ハートがとても充実しているのを感じます。

>>続きを読む

2008.08.24 | 音楽のある生活

好きなことをする時間を持とう

好きなことをする時間を自分に与えてあげること。
これはとっても大切なことなんだなぁ、とよく思います。
好きなことをしばらくしていないと、心が落ち込んできて
顔がうつむき加減、背中も猫背、下を向いて歩くことが多くなってきて
出てくる言葉もなんだかうつむき加減・・・そんな気がしませんか?

>>続きを読む

2008.08.18 | 音楽のある生活

大阪本町でライヴを楽しむ

今日はレッスンを18:30に終え、その足で
友人から招待されたライヴに出かけてきました。

場所は本町にあるMOTHER POPCORN
初めての場所だったので、とても新鮮でした。

>>続きを読む

2008.07.27 | 音楽のある生活

ピアノのある生活

080722_1121~01.jpg今日は休日。
のんびり過ごしています。

今朝も整体で一週間の体の疲れをほぐします。
整体が終わると、つい足が向いてしまうお気に入りのケーキ屋さん。
お気に入りのモンブランを購入して帰宅します。

>>続きを読む

2008.07.22 | 音楽のある生活

いつも心に花を。周りには音楽を。

080718_1746~01.jpg
生徒さんからいただいたゲンペイカズラというお花。
純白と薄紅色の花びらのコントラストがなんとも美しいです。

>>続きを読む

2008.07.18 | 音楽のある生活

音楽と時間と思い出

毎日数分でもいいから、
その日のメッセージを分析し、
それがあなたの人生にどのような重要性を持つのかについて
考える時間を取りましょう。   ナポレオン・ヒル博士

たしかに、こういった時間は
とても大切なインスピレーションを私たちに与えてくれます。

>>続きを読む

2008.07.12 | 音楽のある生活

2008年後半に入りました☆

2008年ももう7月ですね。
つまり、今年がもう半分過ぎたということですね。
そこで、今年の初めに立てた2008年の抱負を振り返ってみました。
ちゃんと達成されつつあるのかなぁ・・・と^^;

>>続きを読む

2008.07.08 | 音楽のある生活

いつもプラスアルファの気持ちで

昨日はブログをお休みしてしまいました。
最近夏が近づいて暑くなってきたからでしょうか
なんだか体がびっくりするほど疲れています。
毎晩深く眠りに落ちすぎて、夢も覚えていないほど。
やっぱり、ヴォイストレーニングは全身を遣うのだなぁ、
と変に感心している自分がいます(笑)

>>続きを読む

2008.06.23 | 音楽のある生活

判断基準を活かす

だれでも人生において、何かを判断したり、
選択したり、決断したりするときに
その基準として優先順位があると思います。

それはまさしくその人の価値観で
判断基準の哲学といってもいいでしょう。

>>続きを読む

2008.06.19 | 音楽のある生活

VIVA LA VIDA

待ってましたぁ!
COLDPLAYのNEWアルバム"VIVA LA VIDA"。
インパクトの強いジャケットで登場です。

>>続きを読む

2008.06.13 | 音楽のある生活

そろそろ発表会

そろそろ、発表会の日程を決めなくてはなりません♪

昨年の発表会は、みなさんのおかげで
ほんとうに楽しくて、温かいイベントになりました。

>>続きを読む

2008.06.12 | 音楽のある生活

今週のスマステはマドンナ特集♪

今週のスマステはなんとマドンナ特集です。

マドンナについては日頃レッスンの中でお話させていただくことが多いので
ぜひ、みなさんに見ていただきたいなと思います^_^

>>続きを読む

2008.06.02 | 音楽のある生活

疲れたときは「めぐリズム」

心地よい疲れを全身に感じて眠りにつくのが大好きです。

毎日ヴォイストレーニングをご一緒させていただいていると
本当に疲れます(笑)
楽しいだけに、全力で全身を遣って声を出すからでしょう。

>>続きを読む

2008.05.26 | 音楽のある生活

大阪にて、友人のうたを聴く。

昨日は一日いつもどおりレッスンをした後、
友人のリリース・ライブへ出かけてきました。

会場は、クラブ・サオマイ

>>続きを読む

2008.05.19 | 音楽のある生活

クラムボンな嵐

ここ数日、またスピード感のある時間を過ごしています。

こんなときは、車に乗っているときがありがたく
頭の整理や体を休める時間として役立ちます。

そしてこんなとき、聴きたくなるのはクラムボン

頭の中を気持ち良~くかき混ぜてもらえる気分です。

すると不思議にあちらこちらに散らばった考え事が
ぴたっ、すぅーっ、と
あるべきところ、置くべきところに収まっていくようです。

考え事を気持ち良く整理したいとき、
頭の中を気持ち良くかき混ぜられたいときは
どうぞ、お試しあれ^_^♪

2008.05.17 | 音楽のある生活

大河ドラマ「篤姫」に学ぶ歌の精神

なんだか仰々しいタイトルのブログになりました(笑)
でも、それくらい心に残るシーンでした。

それは、昨日見たHNK大河ドラマ「篤姫」のワンシーンです。

>>続きを読む

2008.05.05 | 音楽のある生活

神戸で歌う

神戸で歌う。

先週の日曜日、友人の披露宴パーティに招待されました。
場所は、神戸北野異人館セントジョージジャパン(旧クルペ邸)です。

>>続きを読む

2008.05.01 | 音楽のある生活

蓮華畑の思い出。

こんにちは(^_^)わたりひかりです♪

春の山並みが美しい今日このごろですね。
木々の枝先に新芽が映え、優しい色のまだら模様がふうわりと目に飛び込んできます。

毎日三田から教室まで車で出勤しているのですが、この時期の山々の景色にはほんとうに癒されます。

>>続きを読む

2008.04.21 | 音楽のある生活


はじめまして。ヴォイストレーナーの亘理久佳乃(わたりひかり)です。
しっかり、楽しく、体で伝わるヴォイストレーニングを心がけています。
どうぞ、よろしくお願いいたします♪

Calender

2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30

トップへ戻る



〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋2-4-17アストンヴィラ1F [地図]

©2008 たのしい音楽教室. All Rights Reserved. ホームページ制作 bit, SEO.