久佳乃Blog

久しぶりに『ワンピース』を観て思ふ〜〜♪

実は、ワンピース(はい、漫画の)、好きなんです。
先日も単行本82巻が出版され、コンビニで条件反射的に購入。
本棚には1巻からずらり82巻まで、ワンピースの歴史が並んでいます。
1997年からの連載ですから、今年で19年目になるんですね。

先日もたのしい音楽教室の仲間たちと、漫画談義をしたのですが、
みんなワンピースのことは当然知っているわけです。
ただ、単行本をすべて買って読んでいるのは私だけでした。
途中までは読んでいたのだけど...、だんだんついていけなくなって...、
あらすじがよくわからなくなってきた、いつも同じような内容で飽きてきた、
などの感想が聞かれました。その気持ち、よくわかります。

でも、それでも単行本を買って、読み続けたい。
これって、なんなんでしょう?
それって、なんなんですか?とメンバーから尋ねられました。
そこで初めて考えてみると、ただただ好きなんだなあ、ということに気づけました。
同じことの繰り返しの中に、登場キャラクター達が大事にしていることがあって、
その大事にしていることを何度でも、何度でも、何度でも
聞きたい、確かめたい、見ていきたい、って思うのです。

たとえば今日なんか、(最近またアニメを録画して観ています)
ウォーターセブン編を観ていて、ゴーイングメリー号とここで別れるという決断を
だしたルフィに対して、ウソップが猛反対し、売り言葉に買い言葉でルフィがウソップに
対してつい言ってはならない言葉を言いそうになったところ、言葉が出る直前にサンジが
ルフィを止めるというシーンがあります。
船長だからこそ、それは言ってはならない、とコックであるサンジが船長であるルフィを
力ずくで止めるわけです。
お前、今、何言おうとした!?って、怒るわけです。
それから、その直前には、ルフィがなかなか冷静に状況を飲み込めないウソップに、
お前は船大工じゃない!!って強く言う場面もあります。
本当はだれでもわかっているようなこと、本人もわかっているようなことを
みんなの前では言いたくないけれど、船長である(会社でいえば社長ですよね)ルフィは
冷静になれ、お前は船大工じゃない、だからこの船を直せないし、この船がこれから先
どうなるかの責任も果たすことができない、とはっきりウソップに伝えます。

また同時に録画して観た『ワンピースエピソードオブサボ』では、7歳のルフィと10歳の
エース、サボが登場するのですが、エースとサボを敵側に絶対に漏らさなかったルフィに
対してエースが尋ねます。
なんで俺達のことを話さなかったんだ??
敵側にサンドバッグのように叩かれ続けて戻ってきたルフィは、
だって、話したらもう友達に戻れないと思ったんだ。
エースは再度尋ねます。
それは死ぬことよりも辛いのか??
ルフィ。
ひとりになるのは嫌だ。ひとりは死ぬより痛てえ!

これが「俺は海賊王になる!」の船長ルフィなんですよね。
ルフィの価値観。
そこでエースは、ルフィのためにも生きようと思ったのです。
それまではいつ死んでもいいとどこかかで思っていたのに、です。
俺は絶対に死なねえ!これがエースの価値観。

さっきのウォーターセブン編の場面では、船長であるルフィの責任感と価値観が、ずっと
ゴーイングメリー号を先頭をきって修繕して装飾してきたウソップの価値観が、みんなの
健康をまずは食事からどんと守っているサンジの価値観が錯綜しています。

いつどこを切り取って観ても、メンバー一人ひとりの価値観(命よりも先に守りたいもの)
が伝わってきて、大人になっても気付かされることがある。
純粋に楽しめて、感動できる漫画だなあって、つくづく感じさせられます。

子供のように今またワンピースを観て夢中になれるのも(大声で笑ったり涙を流したりして)、
11月27日(日)にはやって来る、恒例のサロンパーティ(たのしい音楽教室メンバーで
繰り広げられる、とある休日の過ごし方@雲州堂)が、四ヶ月後には控えていることを
強く意識しだしたからでもあるでしょう。
イベント名も決まっています、ずばり「たのしいLOOP!」。
今日もグロリアジーンスコーヒーで、その後場所を変えてイーオンのフードコートの席で、
亘理さんと二人、白熱した会議をしてまいりました。
一人ひとりが、命よりも大切なことを見つける...、というのは勿論冗談ですが(笑)、
なにか人生で大切なことに、自分の中から改めて気づいたり、仲間に気づかされたりする、
そんな秋のとある休日が、仲間たちみんなで過ごせたら素敵だなあって思います!

さて、明日もレッスン。明後日もレッスン。
その先にある、みんなのワンピースを目指して、
いざ、しゅっぱーーーーーーーーーーあっつ!! です。

追伸
ONE PIECE FILM GOLD( ワンピースフィルムゴールド)の公開は、今月23日から!

2016.07.15 | 映画鑑賞


トップへ戻る



〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋2-4-17アストンヴィラ1F [地図]

©2008 たのしい音楽教室. All Rights Reserved. ホームページ制作 bit, SEO.