久佳乃Blog

今年も秋の発表会ライブの準備に入りました!

今日から新緑の信州へ出かけてきます(^0^)/
(たのしい音楽教室ではただ今、少し遅めのゴールデンウィク休暇をいただいております。
 メールのやりとりはできますので、どうぞお気軽にお声掛けくださいね)

今やっと準備を整え、気持ちよく出発できる状態になりました。
何事も準備が整うと安心して、何でもできそうなゆとりが生まれてきますね。
また新鮮な空気と風に吹かれ、大自然のエネルギーをいっぱいに吸収して戻ってきます♪

準備と言えば、気がつけばもう5月も半ばということで、
今年も毎年恒例の秋の発表会ライブについていろいろと考えた末、
昨年と同様、雲州堂さんにて、11月16日(土)に開催する予定といたしました。
先ほどいつもお世話になっているMさんとお話をさせていただいたのですが、
内容の趣向を変えて、より充実した面白い一日にしたいと思っています。
みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

発表会ライブはたのしい音楽教室が開校した2年目から始まり、
毎年行われてきて、おかげさまで今年で第八回目となります。
8といえば、なんだかおめでたい数字。
おめでたく、明るく、色鮮やかな時間をみなさんとともに過ごせたらと
今から胸をワクワクさせています。

初めての方も、数回目の方も、もう常連という方も、
未定の方も予定の方も、とにかくみんな一緒に足並みを揃えて、
ステージでパフォーマンスすること、みんなと何かを共感すること、
楽しむこと、挑戦すること、とにかく一生懸命になること、はたまた
ぼんやりすること、のんびりすること、感動すること、スリルを感じること、
なーんでもいいですので、どこかで繋がりながら未来へと向かってゆきたいと思います。

こんなことやってみたい!
あんなことしてみたい!など、随時リクエストをお待ちしております。
ちなみに、今年もみんなで歌い上げるオリジナルソング企画も準備中です。
レッスンしながらレコーディングをリレーでつなぐこの企画、ぜひお楽しみに☆

さて、たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。
(期間 4月6日〜6月末日まで)

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に創意工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.05.22 | 音楽のある生活

いつもと違った角度から、ものを見たり聴いたり感じたりしてみる。

IMG_3857.JPG
こちら(写真)、何だかわかりますか?

はい、そうです、たいやきです。

思わず、自分が一口食べた後のたいやきを
写真で撮ってみました。

なんだか面白かったので^^

思いっきり、頭からガブッと食べちゃったなぁ、とか
案外、大きな一口だなぁ、とか。
このたいやき、どんな顔をしてたっけ?とか、
そもそも見もせずにガブッと食べたもんなぁ、とか。
一口食べたたいやきが、こうして手元にちゃんと残ってみると、
自分のしたことが後からしっかりと観察することができて
とっても面白いと思ったことはありませんか?

こういったブログもそうですが、自分がいろいろと考えて
書いたことがちゃんと残っていくようになっていますよね。
すると、後になって読むことができる。
過去を振り返ることができる。
振り返るのは、ただ懐かしむためだけじゃなくて、
未来への参考になることも多いにあるんです。

たとえば、音楽を表現していると
時間との付き合い方に随分と慣れてくるところがあります。
過去と未来が繋がっている、未来が現在に流れてくる、
体感スピードを自分の中で変えることができる、などといった感覚が強くなってくると、
結果を少し変えたかったらプロセスを少し変えてみればいい、
ということが経験的にわかってくるので、
プロセスの段階で自分の行動を意図的にコントロールしてみたり、
どうやってこういう結果になったのか?という
分析する力や観察する力も自然とついてきます。

ヴォイストレーニングもそうで、トレーニングでいちばん大事なのは
今、自分が何をしているのかをちゃんとわかっていることだと思います。
背骨をこう動かすと声がこんな風に変わるだとか、
こういう声を出したいからこういう動きを加えるとか。

声は成果となってすぐに耳に響いてくるので、
自分の行動をこうやってコントロールすると、どういった成果が得られるのか、
などの実験を何度もくり返しながら、行動の変化ごとの僅かな違いを見つけては
記憶していくことができます。

また、意図したとおりに実行できる力も必要です。
それを再現力といいます。

意図したとおりの成果が得られる方法を見つけたら、
今度は何度もくり返し練習して身体に馴染ませ、
いつでも思うように再現できるように維持しておきます。

実験と再現と維持を何度も何度もくり返すことで、
自分のものになっているものもわかりますし、
まだ自分のものになっていないものも見えてきます。

ダンスパフォーマーとして世界に知られるTAKAHIRO UENOさん
素敵なことを仰っていました。

経過は己が為に、成果は他が為に。

まさにご自身のダンスを極めてこられた、また、これからも
自分の道を突き進んでゆく方として、相応しい言葉だなぁと感動いたしました。

練習と聴くと敬遠してしまいそうな方もいらっしゃるかもしれませんが、
日々の実験や毎日のトレーニングの中にこそ、
自分自身を成長させてくれる宝物がごろごろと転がっていて、
成果を発表することだけでは得られない、楽しみや面白みが
いっぱい、いっぱい詰まっているんだよ~☆
ということを、声を大にしてみなさんにお伝えしてゆきたいです。

何よりも、どれだけ実感を持って、
時間(人生)を過ごすことができるかだと思いませんか?

人生、感動を持って生きたいです!^0^/〜♪

さて、たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。
(期間 4月6日〜6月末日まで)

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に創意工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.05.12 | 音楽のある生活

学ぶ楽しみ、活かす喜び。

IMG_3757.JPG
今日はアマゾンで5冊の本を買いました。
そのうちの4冊が松田道雄さんの本です。

松田さんは残念ながらもう亡くなられており、お会いすることはできませんが
著書をたくさん書き残しておられます。

特に知られているのが、育児百科シリーズでしょうか。
旦那さんのお母さんから、とても良い本だから読むといいよ、
と何度となく薦められました。
なにしろお母さんは、小さい頃から本の虫でしたから、
あまりにも良い本だと絶賛するので、説得力があります。
そうして松田道雄さんの名前がいつの間にか、
私の脳に刷り込まれていたようです。

ある日、書店で、普通に並んでいる文庫本の棚でしたが
ぱっと目があったのも、松田道雄さんの『育児の百科』でした。
たしか岩波書店の棚だったと思います。
昔の名作小説のように本棚にあるのを見て、
まさに実用本でありながら名著なのだなぁと感じさせられました。

私にはまだ子どもがおりませんし、
育児の百科の<中>というタイトルだったので、
そのときは、またいつか...という気持ちで本の前を後にしました。

それが今日になって、赤ちゃんを知るにはどうしたらいいものか...と
急に思い立ったときに(変な思いつきですけれど、後で説明しますね^^)
松田道雄さんのことを思い出しました。
アマゾンで調べてみれば、それはそれはたくさんの
育児以外の本も書いておられるのを知って、
今、興味のあるものを4冊、購入したというわけです。

私にとって、松田さんの言葉を読むのは人生で初めてのこと。
だから、今からとてもワクワクしています。
お母さんの薦めでもありますし、みなさんのレビューをちょっと拝見しても
やっぱり、赤ちゃんのことをよく知っている方、そして、
私たち女性のこともよく理解して、これからの未来、女性たちが
どのように社会の役を担っていくかということを、
女性側の味方に立って、言葉を投げかけてくださっているような印象を受けます。

なんかこんなことを言いますと、まるで私が女性であることに今、
不満があるみたいに感じているのかと誤解をされそうですが
それは違います(笑)

今、なんだか猛烈に「母性」を研究したいのですよね。
また変なことに興味を持つ私ですが^^
それから、赤ちゃんという生命体にも興味があります。

なぜかといえば、気持ちの良い声で、楽しく歌ったり、
人とコミュニケーションをするのに、
赤ちゃんはとっても良いお手本になるからです。

ほら、赤ちゃんの笑い声って、どこまでもよく響いて伸びるし、
だれが聴いても微笑ましくなって、癒されるでしょう?
それに、赤ちゃんって、相手が誰であってもあどけない笑顔を向けて、
きゃっきゃ、きゃっきゃ、とはしゃぎます。
どんな大人だって、ご機嫌な赤ちゃんを目の前にしたら、
誰もがつい、べろべろばー、なんてやりたくなっちゃいますよね。

それはどうしてかと言えば、赤ちゃんの心は
いつも私たちに開いているからなんだと思います。
私たち大人のほうが、いろいろなことを考え過ぎたり、
誤解を生んでは自分から傷ついちゃったりして、
心を開くことが難しくなってきている...ということがあります。

それはけして悪いことではなく、傷つかないように
自分の心を守っている、ということだと思うのですが...
それでも、たとえば相手が傷つきやすい10才の男の子や女の子だったら、
私たち大人は、自分たちの心を守るよりも
子どもたちの心を守ってあげられる存在でありたいと思います。

だからこそ、普段から、私たちは自分の心を
いつでも愛や元気でいっぱいにして、
満たしておく、満たされておく、ということが
必須になってくるのではないでしょうか。

そうです、けして我慢して相手を守るのではなく、
普段から幸せになっておくことに努力して、
ここぞというときに、心をぱぁ~っと開いてあげることで、
相手を安心させてあげることができるのではないかと思います。

そのようなわけで、
日々のヴォイストレーニングのレッスン向上のためにも、
自分自身の充実度向上のためにも、
今、松田道雄さんより学ぶ機会に出会えたことに
喜びの気持ちでいっぱいです。

はてさて、赤ちゃんとは一体、いかなる生命体なのか?
そしてまた、お母さんとは、母性とは、
いったいどういう可能性を持っているのか?

みなさんの大事な声を、一緒になって育む者として、
より知識を増やして、体験を積んでゆけるよう勉強させていただきます。

松田道雄先生、どうぞよろしくお願いいたします!

さて、たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。
(期間 4月6日〜6月末日まで)

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に創意工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.05.04 | 声について想う

体中が深呼吸する、明石海峡公園。

IMG_3636.JPG
明石海峡公園に出かけてきました。

写真にも写っていますが、ちょうど今、
手前の水色の花、ネモフィラが見頃です。

ポプラの木が立ち並んでいる草原を縫うように
ネモフィラの華奢で優しい姿が咲き並んでいる景色はまるで
地上に出現した天の川のようでした。

花は草や木は、なんて素晴らしい生き物なのでしょうね!!

広い公園には色々な花が咲き、草や木は五月らしい緑に溢れ、
私たち人間たちは体中で溜め息をするように、ゆっくりと歩いたり、微笑えんだり。
とても幸せなお昼のひと時を過ごすことができました。

優しいものやカラフルなもの、
元気いっぱいに成長しているものを見たり、触れたりすることは
自分自身を同じ存在に感じられる、とてもシンプルでやさしい方法ですね。

今日は、同じように優しくなったり、カラフルな気持ちになって
むくむくと勇気も湧いて、元気に体中を解放しながら、
いっぱい気持ちの良い呼吸をすることができました。

深い呼吸は、自分一人でするものではないのだなぁ...
なんてことを思いました。

だから、公園って大好きです(^-^)/
また行きたいなぁ~♫、うん、行こう。


さて、たのしい音楽教室では、只今、春のキャンペーンを実施中です。
(期間 4月6日〜6月末日まで)

音楽を通して身体、心、声を用い、自由自在に"わたし"を楽しむエッセンスを、
皆さんお一人お一人に創意工夫していただけるようなカリキュラムをご用意しております。

どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ(^_^)v

ご連絡先はこちらです→ http://www.happyvoice.jp/contact/index.html

2013.05.03 | 日常


トップへ戻る



〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋2-4-17アストンヴィラ1F [地図]

©2008 たのしい音楽教室. All Rights Reserved. ホームページ制作 bit, SEO.