久佳乃Blog

「ヴォイストレーニング」と「歌う」こととの違い

わたしがヴォイストレーナーとして
こんなに長く、こんなにもたくさんの方と
ご縁が持てるようになるとは思ってもみませんでした。

正直に言いまして、自分が生徒として
ヴォイストレーニングを受講していた時代は
わたし自身、ヴォイストレーニングの本当の目的がわかっていないまま
とにかくがんばって声を出していたように思います。

たとえば、あの頃しゃかりきになって練習していた歌があります。
(そう、歌っていたというより、運動のように練習していたという
表現がぴったりきます)
それは、セリーヌ•ディオンの『My Heart Will Go On』。
歌えればカッコいいなぁ、という感じで
特に最後の盛り上がりのところのkeyを毎日のように
がんばって声を張り上げていました。
今日は出るか、今日は出せるか......
まるでハイジャンプの選手のようですよね(苦笑)
 
歌うことにしても、ヴォイストレーニングをするにしても
目的がわからないまま、がんばって声を出すのですから
これはもう......^^;
ご想像していただけると思います。

今歌う『My Heart Will Go On』は
まるで楽に歌えるのですから、どれだけ自分が変わったかは
自分自身の身体がいちばんよくわかっています。

目的がわからないままトレーニングすることと
目的をしっかりとわかっていてのトレーニングでは
それはもう天と地ほどの差があるわけです。
歌うことについても、それは同様です。

まず、なんのためにヴォイストレーニングをするのか?
またはする必要があるのか?

なんのために歌うのか?
または歌う必要があるのか?

これについてはできるだけ明確に
答えられるといいと思います。
いえ、先ほども言いましたが
当時のわたしには答えられませんでしたから
偉そうなことを言っているわけではありません。
今になってやっと、答えられるようになったのですから。

皆さんお一人お一人が、どのような言葉に
またはイメージにぴんとくるのかが重要です。

ただわたしはいつも、これからヴォイストレーニングや
ヴォーカルレッスンを始められる方に
「ヴォイストレーニングと歌うこととは全くの別物ですよ」
とお伝えしています。

これはよく出会ってきた光景ですし
先ほどのように自分自身思い当たるところがあることですが、
まるでヴォイストレーニングをしているように歌っている人の光景であったり
歌とヴォイストレーニングとの違いがわからず
けっきょく何も変われない、気がつけない状況の中にいる人の光景であったりします。

それを見て、とても勿体ないなぁ(>_<)と感じます。
違いがわかりさえすれば、もともと持っている
その方のポテンシャル(潜在能力)が一気に花開くというのに。

わたしなりに努力してお伝えはするのですが、
どう違うのかは自分自身の身体と心で知るほかにありません。

それでも少しでも早く、少しでもはっきりと
この違いを知ってほしい!という欲張りなわたしは
毎回、毎回のレッスンで自分なりの言葉、語彙、表現力を駆使して
伝えようとしてきました。

そのような中、素晴らしい本に出会いました。
最近になって特に通うのが好きな図書館でばったりと。

ここ数週間のレッスンでは、この本をご紹介させていただき
特に伝わりやすい章の部分を読ませていただいています。
すると、今までずっとレッスンをされてこられた皆さんには
ヴォイストレーニングと歌うこととの違いが
面白いように伝わっていくのがわかります。

もう皆さんは、今までのレッスンでしっかりと
体験済みのことだからです。

だから、体験って素晴らしい!
表現力のある文章って素晴らしい!

この本の著者、『内田樹』先生の言葉を借りれば
知性のある身体を、皆さんと感じ、表現し、考え、言語化する楽しみを
共有させていただいているのです。

ああ、そういうことか!という相互間の
「共感できる」というコミュニケーション。
この感動は何ものにも替えられません。

だから、音楽することも、歌うことも
自己表現することもやめらませんっ!!笑

表現すること、コミュニケーションについて考えたり
感じたりしたい方に、特にお勧めする著書です。

死と身体 コミュニケーションの磁場(内田樹著)

ご自身の身体と知性と感性で、読書を楽しんでみてください♪

追伸 図書館でこの本に出会ったわたしですが、
   けっきょくAmazonで購入しました。
   手元に置いておきたいほどの本なのですね。
   ちなみに今、在庫切れだそうで中古本を購入させていただきました^^

2011.06.27 | 声について想う

ゆっくりしています

最近長いお休みをいただいているような気持ちで
毎日を過ごしています。

先月で大阪YMCAでの講義を一旦卒業させていただいたことで
少し時間にゆとりができました。

今は音楽教室の運営と音楽活動、そして文章を書くことと週に一度の英会話、
出かけたことのない街をぶらぶらしては美味しいものをいただいたり、
公園に出かけては自然と触れ合う時間も楽しんでいます。

今まであえてあまり考えないようにしてきたことや
ふと感じる疑問に答えてくれそうな本をたくさん読んだり、
ずっと関心のあった人の情報に触れたり、
ふとしたことで持ち上がった話に乗ってみたりと
すべて時間があればこその楽しみです。

書いていて、今までもずっとそうしてきたのでは...?
とも思ったのですが、少し違うようです。
それは、計画を立ててそのとおりに実行するということと、
あえて計画を持たず、今内側から求めていることや
外からやってきた偶然を迎えるほうを選ぶということの
違いだと思っています。

社会人として働いてきて、今までを振り返ったとき
今のこの時期は、まるで秋のような気がしています。
そう、収穫の秋です。
なにもかもが活発に働く夏が過ぎ、今はのんびりと
目の前の秋を味わっています。

昔からの友人にはよく、
ずっと泳いでいないと死んでしまう魚みたいな人
という表現をされてきたわたしですが、
こんなわたしにも、こんなご褒美のような季節がやってきてくれました。

実家の田んぼでよくお昼寝したことを思い出します。
乾いた藁の上でのお昼寝は、それはそれは気持ちがいいんです。
あの頃のように、何も考えず、
ただ秋のすじ雲がなびく空を眺めながら、ゆっくり、ゆっくりと
人生の秋を楽しもうと思います。

2011.06.09 | 日常


はじめまして。ヴォイストレーナーの亘理久佳乃(わたりひかり)です。
しっかり、楽しく、体で伝わるヴォイストレーニングを心がけています。
どうぞ、よろしくお願いいたします♪

Calender

2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

トップへ戻る



〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋2-4-17アストンヴィラ1F [地図]

©2008 たのしい音楽教室. All Rights Reserved. ホームページ制作 bit, SEO.