久佳乃Blog

癒される五感 〜食篇〜

こんにちは(^_^)
亘理久佳乃です。

先日、大阪第二ビルの中にある麺屋さん「楼蘭」へ
久しぶりにお邪魔しました。
相変わらず年単位で行動範囲が変わるところは変わるわたくしが
こちらへお邪魔するのは、気がつけば数年ぶりのことでした。

お店がお引っ越しされていたら...なんて、いざ歩き出すと
思い出した大切な人に出会うような感覚になって
恋しい気持ちが胸をドキドキさせてくれました。

エスカレーターを降りながら、何も変わらないビルの中を眺め
また懐かしくなったり。
ついでに寄った三木楽器さんの内装が変わっていたのに
時間の流れを感じたり。
(以前は鍵盤楽器で埋め尽くされていたような記憶でしたが
 お店の半分の範囲がドラムセットで占められていましたね。
 お目当ての鍵盤は触れず、置かれてあったビンテージのエレピアノで
 カノンを少し弾いて楽しませていただきました)

そうだ、ここをもう少し先へ歩くとある、と思った瞬間、
懐かしい店の佇まいが視界に入ってきました。
「ああ、居てくれた」と思わず声が漏れる...(笑)
店内を覗くとカウンターのみの席が、一杯と対峙するお客さんで
空席がないのも、そう、これこれ、と。
静かに暖簾の外で待たせていただきます。
すると、中から知ったお顔の店の方が、数年前と変わらない声で
「お決まりになったらどうぞ」と
元気に、そしてマイルドにメニューを渡してくださいます。

その場ですぐに「柚塩の特製」と「醤油の特製」を注文すると
予約を入れて後はリラックスして待つだけ、といった
空港で飛行機を待っているような気分に。
3分もしないうちに中からお客さんが出てきて、ささっとカウンターを
きれいにしてくださっている手が暖簾の下から見えます。
そして「どうぞ!」とまた元気な声。
「らっしゃい!!」とまた元気な声に迎えられ、
静かに席に着かせていただきました。

5分ほど待っていると、ちょうど目線になる銀の卓に
「へい、醤油特製と柚塩特製!」とまた元気なお声で
あの懐かしの一杯が目の前で湯気を立てていました。
そこで思い出しました。
こちらのお店の方の器の出し方が好きなことに。
とても大切に出してくださるのです。
大切なものを私たちに届けてくださっているんだって
そういう気持ちにさせてくれる一杯の差し出し方なんですこれが。
いただく前から軽く癒されると、あとはもう夢の中へ。

二人とも癒しに飢えていたかしら??と無意識の飢えを感じさせられるほど
この一杯に癒されている自分たちを発見すると、もう箸が止まりません。
無言でラーメンと対峙していました。
味や香り、見た目や食感や、店内の空気は
ぜひご自分の五感でお感じいただければと
あえて割愛というか譲らせていただきますが
まあ〜とにかく癒されました。

一杯の最後のスープまでいただいた私たちは
大満足の面持ちで「ごちそうさまでした」を何度も言い
暖簾を後にいたしました。
どれだけの時間と心をこの一杯に懸けてくださっているかに
これだけ人は癒されるのだなぁ、と改めて実感する至福のランチタイム。
やはり、音楽にもこれだけの情熱を傾けていきたいものです。

ほんとうに、美味しいラーメンを御馳走様でした!!

2010.12.05 | 日常


はじめまして。ヴォイストレーナーの亘理久佳乃(わたりひかり)です。
しっかり、楽しく、体で伝わるヴォイストレーニングを心がけています。
どうぞ、よろしくお願いいたします♪

Calender

2011年1月
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

トップへ戻る



〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋2-4-17アストンヴィラ1F [地図]

©2008 たのしい音楽教室. All Rights Reserved. ホームページ制作 bit, SEO.