久佳乃Blog

自然に呼吸を教えてもらう〜自然から学ぶヴォイストレーニング〜

先日信州の実家に5日ほど帰省してまいりまして
つくづく自然はいいものだと実感してきました。
森や山の近くにいると、自然の呼吸が伝わってきます。
風はなぜ吹くのか、雲はなぜ浮かぶのか、
空がなぜ蒼いのか、水はどこからどこへ流れてゆくのか...
そういったことがよおくわかるのです。
ますます、ゆくゆくは自然の中にいる(住む)時間を
長くしたいという気持ちが強くなりました。
自分が今まで、どれだけ自然からエネルギーをもらってきたのかを
本当に強く実感することが出来たのです。

花は太陽が西の山に隠れると花びらを閉じますし、
東の山に太陽が昇ると花びらを開きます。
玄関の前に咲く小さな花たちのそんな様子を目の当たりにしたとき、
当たり前だと思っていたことを
自分が忘れていたことに気づかされます。
ときどき呼吸の仕方を忘れてしまうという方がいらっしゃいますが
きっとこうした自然の営みから少し距離ができてしまったときに
起こることではないかと思います。

当たり前が当たり前でなくなる感覚は誰にでも起こることで、
当たり前っていったい何?という議論が起こるのも自然なことです。
ただ私は忘れたくはないのです。
どれだけ自然から恩恵を得て今日まで呼吸をしてきたかということを。
私たちは人間という自然です。
今、この地球上にあるものは全て自然から作られたものです。
人の手が加われば加わるほど、自然は自然でも人工物になっていきます。

自然と人工物という両極端の違いは、
息をしているか、していないかではないでしょうか。
一日を通して太陽の位置が変わることで自然の営みが変わるように、
環境が変わったときは、人工的に変える(手を加える)のではなく
自然に変わることができるというという状態が
私たちをとても自然に近い状態にしてくれるのではないでしょうか。
まるで、植物たちと同じように、とっても楽にです。

私はそんなヴォイストレーニングを志しています。
日常生活の他のことでは、すべてを自然に近い状態で行うことは
たいへん難しいことです。
だからこそ、声を出すとき、歌うとき、音楽を奏でるときに
自然にとっても近い行為をしたいのです。
それでバランスをとっているのです。

皆さんの志すものがなんであってももちろんいいのです。
ただ、どうしていいかわからなくなったときや
自分を見失いそうになったときは、まず自然に帰って深呼吸をしてみてください。
呼吸は極めるとたいへん面白いものです。
驚くほど長く、息をすることができます。
長い息ができるということは、深い呼吸ができるということ、
そして、非常に自然の状態でいられているということです。
非常に自然の状態でいられているとき、きっとあなたは
今あなたに必要なものを見つけることができるはずです。
それと同様に、必要でないものも見つけることができるはずです。
手を加えるということは責任をとるということですから
自分の本当に求めているものがわかったとき、手を加えるときは
細心の注意と覚悟が必要です。
そうなのです、手を加えるときには先見の明が必要なのです。
少し話が一方へ深くなりすぎました。

では、深呼吸が難しいときはどうしたらいいですか?
どうぞ、どこでもいいです。
大自然の中に出かけてみてください。
自然は本当に素晴らしいものです。
いつでも、どこでも、私たちが受け入れようと思えば
受け入れられるだけのエネルギーを与えてくれます。
人は自然を嫌うものでもありますから、受け入れようという気持ち、
自分を委ねようという気持ちが必要です。
少し勇気も要りますね。

今日は久しぶりにブログを書きました。
少しでも共有できることがあれば嬉しいです。
それではまた♪

2010.08.13 | 声について想う


はじめまして。ヴォイストレーナーの亘理久佳乃(わたりひかり)です。
しっかり、楽しく、体で伝わるヴォイストレーニングを心がけています。
どうぞ、よろしくお願いいたします♪

Calender

2010年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

トップへ戻る



〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋2-4-17アストンヴィラ1F [地図]

©2008 たのしい音楽教室. All Rights Reserved. ホームページ制作 bit, SEO.